【ドラゴンズ】2022年オフの戦力外候補を予想

中日ドラゴンズ2022オフの戦力外通告を予想しました。

  • 今記事は6/30に更新
  • 可能性は高 ABC 低の3段階で予想
  • 可能性Dは育成落ちのため自由契約になるかも

先発投手の戦力外候補

先発 戦力外候補
選手可能性
タバーレスB
福谷浩司B
岡野祐一郎B
鈴木博志C
笠原祥太郎C
梅津晃大D

タバーレス

ローテの救世主として期待されたタバーレスですが、まだ2軍の数試合であるものの結果を残せていない状況。元々期待値がそれほど高くない助っ人だったので、このまま上昇の兆しが見えなければ今季限りでという可能性も高いでしょうか。

福谷浩司・岡野祐一郎

1軍のローテに数枠の空きが生じ複数回のチャンスを得た2投手ではありますが、そこで結果を残せなかったため候補に。福谷は実績、岡野は2軍成績や年齢を考えるともう少し様子見の可能性もあると思いますが、1軍の戦力としてはかなり厳しいのが現状でしょう。

梅津晃大

3月にトミージョン手術を受けたため、今オフに一旦育成となる可能性も。ただ、20年4月に同手術を受けた田島はそのまま支配下枠だったので、梅津も同様の可能性が高いかなと思います。

中継ぎ投手の戦力外候補

中継ぎ 戦力外候補
選手可能性
岡田俊哉B
マルクB
佐藤優B
近藤廉C
田島慎二C
谷元圭介C
垣越建伸D
加藤翼D

岡田俊哉

今季は先発転向だった岡田ですが、ここ最近の2軍での起用を見ると中継ぎに降格か。そのリリーフでも炎上を繰り返しているので、かなり厳しい状況となっています。

マルク・佐藤優

2軍の投手が足りない時には毎日のように奮投を見せてくれた両投手ですが、ともに1軍では結果を残せず。投手陣に新しい血が必須な状況なので、順番的に彼らの名前が挙がってしまう可能性も高いかなと思います。

垣越建伸・加藤翼

垣越は再び離脱中、加藤は戦力化にまだ時間がかかる状況のため、育成となる可能性も。松田、福島、松木平といった育成投手との比較で判断されるかもしれません。

捕手の戦力外候補

捕手 戦力外候補
選手可能性
山下斐紹B
大野奨太B

ドラフトで新たに捕手を獲得した場合は人員整理の可能性も。その場合、左のスラッガーか経験の豊富さ、どっちのオプションを選ぶのか判断に迷いそう。

内野の戦力外候補

内野 戦力外候補
選手可能性
堂上直倫B
石岡諒太B
石垣雅海C

堂上直倫

守備面での衰えが隠せず、大幅にバリューダウン。今後は打撃次第といったところでしょうか。

石岡諒太

ようやく得た1軍のチャンスで安打も放っていますが、長打の少なさや年齢、起用法の狭さを考えると厳しいところ。

石垣雅海

故障の多さが本当にネック。状況によってはという可能性も否定できない立ち位置となりつつあります。

外野の戦力外候補

外野 戦力外候補
選手可能性
福留孝介A
渡辺勝B
滝野要B
平田良介B
伊藤康祐C
加藤翔平C

福留孝介

速球への振り遅れが目立っている現状ではやはり厳しい。

渡辺勝・滝野要

他の外野手と比べ長所が見えにくい2選手。特に滝野の場合詳細は不明ですが試合に出られていない状態なので、かなり危うい立場に。

平田良介

無事プレイ出来ている状態には一安心ですが、パフォーマンスの低下は否めず。1軍で活きそうな場所も減りつつあるのが現状です。

終わりに

今年もドラフトで6選手の指名が濃厚だと思うので、今オフには少なくとも6人の日本人選手が退団すると予想します。ただ、具体的な名前はまだ見えてこない状況なので、後半戦の状況次第といったところでしょう。

プロ野球2022のおすすめ記事!
12球団移籍情報&故障者リスト
中日選手構成補強情報戦力外予想
阪神選手構成
21オフ移籍情報2021年のドラフト
タイトルとURLをコピーしました