【エンゼルス】2021年オフの補強情報

今回は、エンゼルス2021オフの移籍情報補強ポイントをまとめました!

チーム全体で勝つ気はあるし投資も惜しまず費やしているにも拘わらず、昨季も早々にPS争いから脱落。

今オフのチーム事情は昨オフよりもあまり良くない状態からのスタートなので、明るい未来が描きにくい状況となっています。

2022シーズン中の記事もあるのでどうぞ↓
【エンゼルス】2022シーズン中の補強ポイント&移籍情報

エンゼルスの移籍情報【2021-22】

SPRPは左投を表しています。

新加入選手

LAA 新加入
選手守備移籍情報
ノア・シンダーガードSPNYM ※QO拒否
マイケル・ローレンゼンSPCIN
ライセル・イグレシアスRP再契約
※QOは拒否
ライアン・テペラRPCWS
アーチー・ブラッドリーRPPHI
タイ・バトリーRP実戦復帰
※制限リストから
アーロン・ループRPNYM
カート・スズキC再契約
マット・ダフィーIFCHC
アンドリュー・ベラスケスSSNYY (claim)
タイラー・ウェイドUTNYY (trade)
マイナー契約
ホセ・ソリアーノSPPIT (返還)
カイル・バラクローRPMIN
シーザー・バルデスRPBALm
ワンダー・スエロRPWSH
ブライアン・モランRPTBm
オースティン・ロマインCCHC
キーン・ウォンIF再契約
ディロン・トーマスOFSEAm
マグネウリス・シエラOFMIA
マンテイ・ハリソンOFMIA

退団選手

LAA 退団
選手守備移籍情報
アレックス・カッブSPFA
ディラン・バンディSPFA
パッキー・ノートンSPDFA-STL (claim)
スティーブ・シシェックRPFA
ジュニオール・ゲラRPDFA-リリース
A.J.ラモスRPFA-引退
サム・セルマンRPDFA-OAK (claim)
カイル・タイラーRPDFA-BOS (claim)
フィル・ゴセリンIFノンテンダーFA
デクスター・ファウラーOFFA
フアン・ラガーレスOFFA
21シーズン中の主な退団選手
  • アンドリュー・ヒーニー(SP
  • ホセ・キンタナ(SP
  • トニー・ワトソン(RP
  • アレックス・クラウディオ(RP
  • アルバート・プホルス(1B)
  • ホセ・イグレシアス(SS)

エンゼルスの補強ポイント

とにかく投手全般が大きな補強ポイントです!

今度こそエース投手を!

時折不安定な投球を見せることはあったものの、大谷はエース級の成績を残しました。ただ、今後も大谷にローテの大黒柱を期待するのは負担が大き過ぎますし、二刀流の弊害として大谷には多くのイニングを稼げないという致命的な欠点もあります。

やはり上位浮上を狙うためには大谷以上に安定した先発が必須であり、この長年の課題をいい加減解決しなければPS進出は見えてこないでしょう。

先発陣の再構築

  • 大谷の二刀流を活かすために6人制ローテは継続
  • 現状フルシーズンでの規定経験者がいない
    (昨季はカッブ、バンディ、ヒーニーと3人いました)

他球団より1枚多く先発が必要なチームなのですが、1年間ローテを守り続けた経験がある先発さえいないという由々しき事態。

大谷だけでなくスアレスやサンドバルと複数の若手が成長を見せてくれたのは明るい材料ですが、来季さらにステップアップできるかは分かりません。

上記の3先発以外にもキャニングやバリアなど先発の枚数は確保できる状況ですが、質に関してはかなり不安。エース級だけでなくローテ経験のある先発の補強も必須だと思います。

ブルペン陣の再構築

イグレシアスとその他諸々といった陣容になってしまい、「なおエ」というネット用語が生まれてしまうほど逆転負けも多かったです。

まずはイグレシアスとの再契約も含め守護神候補を早急に確保しなければいけませんが、抑え以外の複数のセットアッパー候補も補強しなければまた同じ過ちを繰り返すことになるでしょう。

レギュラー級の遊撃手の獲得

トラウト、レンドーン、アップトンと故障者が来季無事に戻ってくると想定できれば、レギュラー不在なのは遊撃手だけとなります。

今オフは多くの大物遊撃手がFA市場に出ているため、大型契約を画策する可能性は否定できません。ただ、投手補強に本腰を入れなければいけない状況ならば、昨オフのJ.イグレシアス獲得のようにコストを低く抑えた補強の方が現実的だと考えます。

また、二塁手のフレッチャーを遊撃手に回し代わりに二塁手を狙うといった策も一応あります。

野手陣全体のデプスの強化

上記で少し触れましたが、トラウトやレンドーン、アップトンなど主力級に故障者が相次いだため、控え陣の強化も図っておいた方が良いでしょう。

カート・スズキ(捕手)やゴセリン(内野)、ラガーレス(外野)と各ポジションでバックアップを担ってきたベテランが退団となっているので、彼らの代わりとなる経験者が必要だと思います。

補強の進捗状況

移籍情報と同様に定期的に更新していきます。

先発補強

シンダーガードを獲得

シャーザーやレイなど大物先発との交渉がほとんど不発となった状況の中、獲得に至ったのがノア・シンダーガード(1年2100万ドル)。

年俸を考えるとエース級の働きが期待されるシンダーガードですが、TJ手術からの復帰直後(昨季の投球はMLBで2イニング、マイナーで8イニングのみ)となっておりフル稼働は期待薄。ただ、6人制ローテはプラスに働く可能性があるので、前半は低調でも後半にかけてギアが上がってこればOKといったところでしょうか。

また、QO案件によりドラフト指名権を失ったので、1年の活躍だけでは損。復調は前提としてその後の契約延長まで漕ぎ着けなければ元が取れない投資だと思います。

16年に16勝を挙げるなどメッツのエースとして活躍してきた投手なので、大谷以上の先発として期待できる点はあります。がしかし、リスクがある投手なので、現状ではギャンブル性が高い補強のように感じます。

ローレンゼンを獲得

続くローテ補強としてマイケル・ローレンゼン(1年675万ドル)を獲得。

投手本業ながら18年に4HRを放つなど大谷に続く二刀流と注目を集めたこともある選手ですが、本業ではリリーフ登板が大半であり先発としての実績は乏しい投手です。

先発がダメでもリリーフで潰しが利いたりとメリットはある投手ですが、とにかく計算できる先発が欲しかったエンゼルスにとって本当に必要な投手だったのか疑問。シンダーガード獲得とともに計算しづらい補強が続いている印象です。

ブルペン陣

ループを獲得

まずはセットアッパー候補としてアーロン・ループ(2年1700万ドル+1年の球団オプション)を獲得。

昨季の65登板、防御率 0.95は少し出来過ぎのように感じますが、信用できるリリーバーがほとんどいないエンゼルスにとっては良い補強だと思います。

イグレシアスと再契約

空白となっていた抑えには昨季守護神として君臨したライセル・イグレシアス(4年5800万ドル)と再契約。

来年で32歳になるベテランと4年契約は少しリスキーに感じますが、今オフの移籍市場に目ぼしい守護神候補が少ないため仕方のないリスクでしょう。

最後尾に計算できる投手を確保できたのは大きな朗報だと思います。

ベテラン投手を2人獲得

ロックアウト後にはライアン・テペラ(2年1400万ドル)&アーチー・ブラッドリー(1年375万ドル)とさらに2人のベテランリリーバーを獲得。

テペラは昨季通算で65登板、WHIP 0.89を記録。昨季だけが突出した好成績となっているので一時的な好調だった可能性も否定できませんが、高い奪三振率などを武器に2年連続の好パフォーマンスに期待したいところ。

ブラッドリーはダイヤモンドバックス時代に抑えの経験もあるリリーバー。ただ、不安定なシーズンも多いため、他のリリーバーよりも安価な契約に。タフな投手なのでもう少し質さえ上げてくれたら、かなりコスパの良い補強となるかもしれません。

野手陣

内野の控えを強化

まずはアンドリュー・ベラスケスをヤンキースから獲得。ベラスケスは遊撃守備に定評があるため、遊撃手の控えを1人確保した形に。

そして、次も再びヤンキースからタイラー・ウェイドを獲得。ウェイドは足のスペシャリストに加え、内外野を守れるユーティリティープレイヤー。走守両面でバックアップとして期待が持てる選手です。

また、ロックアウト後にはマット・ダフィー(1年150万ドル)を獲得。強打が持ち味ですが、レギュラーとしては物足りない印象。昨季のゴセリンのようにレンドーンのバックアップとして期待したいです。

捕手補強について

ロックアウト後にベテラン捕手2人を補強。

40人枠の捕手はスタッシ以外に昨季途中から捕手に再転向しているサイスしかいなかったので、第2捕手の補強が急務でした。
(サイスはアマ時代は捕手でしたが、プロ入り後に一塁手へコンバートされていました。)

カート・スズキと再契約

昨季も第2捕手を務めていたカート・スズキ(1年175万ドル)と再契約。

衰えも見えていたのでメジャー契約は少し予想外でしたが、今市場には捕手候補が少なかったため、チームに慣れており経験もあるベテランに白羽の矢を立てた形に。

ロマインとマイナー契約

また、同じくベテラン捕手であるオースティン・ロマインとマイナー契約。

19年にヤンキースを退団してからは不調に陥っているため今オフはマイナー契約となりましたが、復調してくれればスズキよりも頼りになるかもしれません。

スタッシと契約延長

さらに今季終了時にFAとなる予定だった正捕手・スタッシとの契約延長にも成功。契約は3年1750万ドル++1年の球団オプション。

故障が多い点は少し気になりますが、健康を保てるなら少なくとも後3シーズンは正捕手が安泰という形に。次のオフの懸念材料を早くも解決できたことはエンゼルスとしても良かったと思います。

最後に

アストロズはコレアが退団したとしても地力があり、マリナーズは再建終了でいよいよ勝負モードに。そして、最下位だったレンジャーズは大型補強と例年以上に混戦となりそうなア・リーグ西地区。

そんな状況の中、エンゼルスは変化なしのストーブリーグ。オーナー側はこれ以上投資を増やす意思はなく、マイナー組織が脆弱なので大型トレードも成立させづらい状況。その結果肝心の投手補強はギャンブル性の高い動きが多く、相変わらず不安が残るまま補強が打ち止めとなってしまっています。

野手には良い選手もいるので投手さえ整備できれば少なくとも秋までは勝負できるチームになると思っているのですが、現状は今季もあまり期待できないかなというのが個人的な本音です。

スタメン予想や戦力分析はこちら↓
【エンゼルス】2022年の開幕メンバー予想&戦力分析

MLB2022のおすすめ記事!
全球団の共通情報
移籍情報トレード一覧
球団別の補強情報
エンゼルス
21-22オフの情報
移籍情報FAリスト順位予想
タイトルとURLをコピーしました