【エンゼルス】2022年のメンバー構成

エンゼルス2022のメンバー構成をまとめました!

※今記事は5/15に更新。
※末尾の「*」は左打or左投、「#」は両打を表しています。

エンゼルス野手陣2022

スタメンとデプスチャートをまとめました。

スタメン

  1. (RF) ウォード
  2. (CF) トラウト
  3. (DH) 大谷翔平*
  4. (3B) レンドーン
  5. (1B) ウォルシュ*
  6. (LF) マーシュ*
  7. (C) ウォーラック
  8. (2B) ウェイド*
  9. (SS) ベラスケス#

2~5番は不動、マーシュ次第では6番まで不動のオーダーとなるかもしれません。

その一方で、フレッチャーやスタッシらの離脱により下位打線が脆弱に。守備を考慮して遊撃のベラスケスはしばらく固定すると思いますが、二塁はウェイドやレンヒーフォ、捕手はウォーラックやロマインを使い分ける日替りオーダーとなりそうです。

デプスチャート

現在故障者リストに入っている選手は除外。また、アデルについても現在アクティブロースター外となっているため除きました。

デプスチャート
守備1番手2番手3番手
Cウォーラックロマインサイス*
1Bウォルシュ*ダフィーメイフィールド
2Bウェイド*ダフィーレンヒーフォ#
3Bレンドーンダフィーメイフィールド
SSベラスケス#ウェイド*メイフィールド
LFマーシュ*メイフィールドウェイド*
CFトラウトマーシュ*ウェイド*
RFウォードメイフィールドマーシュ*
DH大谷翔平*トラウトレンドーン

故障者リスト

  • スズキ
    5/7 IL10日間入り。コロナに感染?
  • スタッシ
    5/10 IL10日間入り。コロナに感染?
  • フレッチャー
    5/10 IL10日間入り。左右の内転筋修復手術により長期離脱へ。

エンゼルス投手陣2022

先発陣とリリーフ陣に分けてまとめました。

先発ローテーション

  1. 大谷翔平
  2. シンダーガード
  3. サンドバル*
  4. ローレンゼン
  5. デトマーズ*
  6. ディアス* or シルセス

新加入組のシンダーガードやローレンゼンが機能し、既存組では大谷やサンドバルが高クオリティーな投球を続けデトマーズはノーノーを達成するなど順調なローテを形成。

その一方で、スアレスの不調は唯一の誤算。彼に再度期待するのか、それともブルペンデーの活用やディアス、シルセスの抜擢といった他の策を講じるのか。6番手については当分流動的な起用となりそうです。

ブルペン陣

  1. イグレシアス(CL)
  2. テペラ
  3. ループ*
  4. オルテガ
  5. ハーゲット
  6. メイヤーズ

守護神のイグレシアスを筆頭に新加入組でもあるテペラやループといったベテラン勢が安定した投球を披露。ここに成長を見せているオルテガを加えた4投手が今のところの勝ちパターンと言えるでしょうか。

それ以外のメンバーではハーゲットがまずまずの活躍を見せていますが、駒不足の印象。メイヤーズは相変わらずの内容となっており、もう1人の新加入組であるブラッドリーは故障中と期待外れの状況になっています。

故障者リスト

  • キャニング
    3/16 IL60日間入り。昨年7月に腰の疲労骨折。
  • C.ロドリゲス
    3/16 IL60日間入り。昨年11月に右肩手術。
  • クリスウェル
    4/8 IL60日間入り。右肩の炎症。
  • キハダ
    4/8 IL10日間入り。右脇腹の張り。
  • ブラッドリー
    4/30 IL10日間入り。左脇腹の張り。
エンゼルス2022のおすすめ記事!
2022シーズン中
補強情報スタメン&ローテ
2021-22オフ
補強情報開幕メンバー
MLB22 全体の情報
移籍情報トレード 一覧
タイトルとURLをコピーしました