【エンゼルス】2022年オフの補強情報

エンゼルス2022オフの移籍情報補強ポイントをまとめました!

エンゼルスの移籍情報【2022-23】

監督にはネビン監督代行が正式就任。

SPRPは左投。

新加入選手

LAA 新加入
選手守備前所属
タイラー・アンダーソンSPLAD
※QO案件
ジオ・ウルシェラIFMIN (trade)
ハンター・レンフローRFMIL (trade)
マイナー契約
クリス・デベンスキーRPPHI
ジョナサン・ホルダーRPCHCm
ジェイコブ・ウェブRPATLm
シーザー・バルデスRP再契約
ナッシュ・ウォルターズRP再契約
チャド・ウォーラックC再契約
22季中の主な加入選手
  • タッカー・デービッドソン (SP)
  • ローガン・オホッピー (C)
  • ミッキー・モニアック (OF)

退団選手

LAA 退団
選手守備移籍情報
マイケル・ローレンゼンSPFA
ジャンソン・ジャンクSPMIL (trade)
トゥーキー・トゥーサンSPnon-tender
ジョナサン・ディアスSPnon-tender
アーチー・ブラッドリーRPFA
エルビス・ペゲーロRPMIL (trade)
ロブ・ザストリズニーRPnon-tender
カート・スズキCFA-引退
マット・ダフィーIFFA
マイナー
マイク・メイヤーズSPFA
カイル・バラクローRPFA
タイ・バトリーRPFA
ヘラルド・レイエスRPFA
ブライアン・モランRPFA
ジャック・メイフィールドIFFA
マイク・フォード1BFA
マグネウリス・シエラOFFA
ディロン・トーマスOFFA
モンテ・ハリソンOFFA
22季中の主な退団選手
  • ノア・シンダーガード (SP)
  • ライセル・イグレシアス (RP)
  • ブランドン・マーシュ (OF)
  • ホセ・ロハス (UT)
  • タイラー・ウェイド (UT)

契約情報

  • J.ソリアーノ (SP)、K.イングラム (RP)を40人枠入り

補強ポイント&ToDoリスト

今オフもやはり投手中心ですが、球団売却問題により大きな動きが出来ないのは歯痒いところです。

ベテランスターター

LAA 主な先発陣の成績
投手登板投球回防御率WHIP
大谷翔平281662.331.01
サンドバル27148.22.911.34
デトマーズ251293.771.21
スアレス221093.961.25

大谷の規定到達だけでなく、若手3投手が100投球回を投げたのは大きな収穫です。また、シルセスやデービッドソン、バリアの先発復帰案など枚数自体はそこそこ有しているので、基本的に6人ローテを継続するとしてもオフ時点での補強は1,2枚ぐらいで良いのかなと思います。

エース級などクオリティに言及することが多かったポイントですが、今回はベテランとやや控えめな表現に止めました。理由としてはやはり新オーナーが決まらない限り大型契約が結べないので、トップクラスを口説くのは難しいこと。また、大谷や若手たちの成長をさらに促進させられる経験者が1枚欲しいかなという考えもあります。

守護神候補のリリーバー

LAA 主なリリーフ陣の成績
投手登板投球回防御率WHIP
ループ6558.23.841.30
テペラ5957.13.611.08
ハーゲット49692.480.91
キハダ4240.23.981.13
ワンツ4250.13.221.15

ループやテペラの補強組がベテランとしての味を出したり、ハーゲットやキハダなど伸び悩み組の戦力化を促進させたりと脇役はここ数年を考えると揃ってきました。がしかし、イグレシアスの放出で要の守護神が不在となっており、抑え候補のリリーバーは必須となっています。

狙い目はやはり守護神経験者。キンブレルやファミリアなどパフォーマンスが落ちているベテランの中から復調の可能性を見抜き、単年で引っ張ってくるのが1つ理想だと思います。

上位と下位打線の差を埋める

LAA 打順別OPS
打順OPSMLB順位
1番.7468位
2番.9282位
3番.8239位
4番.73715位
5番.68321位
6番.53130位
7番.54730位
8番.56529位
9番.56627位

上位打線の数字はまずまずなのですが、6番以降のOPSがMLB他球団と比べると大きく劣っているのは大問題。原因としては主力打者の離脱が相次いだことやスタッシの不調などが挙げられますが、端的に言えば選手層が薄いのだと思います。

5人目の内野手

LAA内野陣のデプスチャート
守備主力控え①控え②
1Bウォルシュサイスレンドーン
2Bレンヒーフォフレッチャーステファニック
3Bレンドーンレンヒーフォソト
SSフレッチャーソトベラスケス

レンヒーフォの成長によりすでに4ポジション埋まっていますが、レンドーンの稼働率やウォルシュの対左などを考えると不安要素は多いです。一方、控えではベラスケスやソトなど守備型の選手は揃っていますが、打撃型の選手が見当たらないのも気になります。

昨オフ補強のダフィーは期待外れに終わりましたが、方向性は間違っていません。メンバーが揃っている時はウォルシュと併用でき、緊急時には二、三塁を守りながらある程度の打力を担保できる5番手の補強が必要だと思います。

外野のデプス強化

  • RF→ウォード
  • CF→トラウト
  • LF→アデル or モニアック

内野と同様にポジションは埋まっていますが、問題はレフトの2人。アデルは調子の波が大きく、モニアックは故障が多いとそれぞれ厄介な問題を抱えています。ただ、何でもかんでも補強できるほどの余裕はないので、上位浮上には彼らのような位置付けの選手を機能させていく必要があります。

レンドーンの故障の多さを考えると、優先度は内野の方が上でしょうか。外野に関してはベテランや当落線上の選手をマイナーで確保していくのが無難かなと思います。

MLBのおすすめ記事!
全球団の移籍情報
ア・リーグナ・リーグFA契約一覧
トレード一覧トレード噂FAリスト
球団別の補強情報
LAANYYLAD
タイトルとURLをコピーしました