【巨人】2021年オフの補強情報

今回は、巨人2021オフの移籍情報補強ポイントをまとめました!

3連覇はおろか5割のラインさえ踏ん張り切れなかったジャイアンツ。この雪辱を育成or補強のどちらで果たそうとするのか注目が集まるオフとなっています。

巨人の移籍情報【2021-22】

ジャイアンツ2021オフの移籍情報をまとめました。

投手は左投を表しています。

※注目選手やポイントについては今記事の後半にまとめてあります。

去就注目選手

巨人 去就注目
選手守備備考
菅野智之投手海外FA権取得
ビエイラ投手MLB球団が興味

新加入選手

巨人 新加入
選手守備前所属
翁田大勢投手関西国際大学
赤星優志投手日本大学
花田侑樹投手広島新庄高校
山田龍聖投手JR東日本
石田隼都投手東海大相模高校
代木大和投手明徳義塾高校
岡田悠希外野法政大学

※育成ドラフト指名選手は省略。【プロ野球】ドラフト2021 指名結果にまとめてあります。

退団選手

巨人 退団
選手守備移籍情報
サンチェス投手自由契約
大竹寛投手引退→巡回コーチ
野上亮磨投手引退
古川侑利投手戦力外
松井義弥内野戦力外
亀井善行外野引退→1軍コーチ
陽岱鋼外野自由契約
ハイネマン外野自由契約
育成選手
山川和大投手戦力外
平井快青投手戦力外
田中優大投手戦力外
加藤壮太外野戦力外
山下航汰外野自由契約
21シーズン中の自由契約選手
  • スモーク(一塁)
  • テームズ(外野)

育成再契約

以下の選手とは自由契約後に育成で再契約する見込み。

  • 田中豊樹(投手)
  • 鍬原拓也(投手)
  • 伊藤優輔(投手)
  • 沼田翔平(投手)
  • 堀岡隼人(投手)
  • 横川凱(投手
  • 井上温大(投手
  • 香月一也(内野)
  • 増田陸(内野)
  • 平間隼人(内野)
  • ウレーニャ(内野)
  • 伊藤海斗(外野)

また、以下の育成選手とも自由契約後に育成で再契約する見込み。

  • 堀田賢慎(投手)
  • 谷岡竜平(投手)
  • 與那原大剛(投手)
  • 黒田響生(内野)

巨人の補強ポイント

今オフはFA補強を封印との報道もあり、補強手段は新外国人選手が中心となりそうです。

先発陣の強化

※菅野の去就次第で変わってきますが、残留の可能性が高いと思うので菅野残留を前提に話を進めていきます。

鳴り物入りで入団したサンチェスが期待外れに終わり今季で退団となるので、彼の代わりとして最低1枚は外国人先発を獲得するでしょう。サンチェスにも高年俸を支払っていたので、新外国人先発もランク高めの投手を狙いに行くと予想しています。

ただ、前述の通り国内FA市場では先発補強を狙わないのが濃厚なので、新外国人先発以外での底上げは若手陣やドラフト組に期待するしかないといった状況です。

リリーフ陣の強化

MLB球団が興味と噂のビエイラですが、こちらも報道を見る限り残留の可能性が高そうです。また、今季は不調だったデラロサも残留の方針です。ただ、そうなると高コストの外国人リリーバーをすでに2枚抱えることになるので、新外国人リリーバーの獲得は厳しそう。あったとしても来日当初のビエイラのようにある程度将来性を見込んだ素材型の可能性が高いと予想します。

先発陣よりも即戦力級の補強が見込めなさそうなので、リリーフ陣の底上げには既存戦力の復調・成長やドラフト組の抜擢がより重要となりそうです。

新外国人スラッガー

テームズは1軍デビュー戦で故障しスモークはコロナの影響で途中帰国と不運が重なった21年の新外国人野手コンビ。ここの不調がかなり痛かったと思いますが、優勝を奪還するためには今オフも引き続き数億円クラスの新外国人野手を2人連れてくるのではと予想しています。ポジションも同様に一塁やレフトが軸となりそうで、一塁手では左打、外野手では右打を狙っていくと思います。

捕手&二塁手の強化

野手では捕手と二塁手、この2ポジションもテコ入れを図りたいところですが、外国人補強はとても難しいポジションです。また、ドラフトでも投手優先の指名や候補の少なさなどにより補強できなかったので、2ポジションとも今オフのテコ入れはほとんど期待できないと思います。

巨人 2021オフの注目ポイント

移籍情報に関する注目ポイントや進捗状況をまとめました。

10/11 ドラフトで支配下7選手を指名

今年のドラフトでは支配下で7選手育成で10選手を指名。

隅田を外し外れ1位に翁田を指名した時にはまた独自路線を突き進むのかと思いましたが、2,3位では順当な指名を展開しタイプの異なる大学生投手を3枚確保。中位以降では有望な高校生投手を複数指名するなど個人的には高評価のドラフト指名でしたが、上位を投手優先にした反動で野手の指名がほとんど出来なかった点だけは少し気になりました。

1位 翁田大勢
20年のドラ1・平内とタイプが似ており、サイド気味から150km後半を記録する豪速球が大きな武器。その代わり制球が不安定なのは不安要素ですが、数年後の大化けもあり得る投手です。

2位 山田龍聖
MAX153kmを誇る左腕。球威で押すタイプなのでリリーフ向きだと思っていましたが、ドラフト後には先発でも結果を残しているため先中どちらでも期待できそうです。

3位 赤星優志
カットボールを軸に多くの変化球を駆使する技巧派右腕。先発として期待できる投手ですが、プロレベルで考えるとやや球威不足のように感じるのが気になるところ。

10/21 亀井が引退を表明

巨人一筋17年のベテランが引退。

ジャイアンツというチーム柄や故障が多かった時期もあり絶対的なレギュラーとして君臨した年は少なかったのですが、勝負強い打撃と強肩を誇る守備で存在感を発揮。2009年にはWBC日本代表に選ばれるなどチームにいてくれたら本当に心強い選手でした。引退後の来季は1軍外野守備兼走塁コーチと新たな形でチームに貢献していく予定です。

11/15 12選手を自由契約(=育成落ち)に

引退選手と戦力外選手を合わしても日本人の支配下選手は4人しか減っていなかったため、昨オフと同様に数名の自由契約があるのは予想していましたが、まさかの12人とは完全に予想外でした。今のところ12人全員と育成で再契約をする予定となっていますが、育成制度のあり方など新たな議論を呼び起こす動きとなりそうです。

総括

リーグ優勝さえ逃したシーズンなので巻き返しを図るために大型補強へ動くのかなと予想していましたが、多くの報道を見るに国内のFA補強に関しては本当に消極的なオフとなりそうです。そして、再び育成の巨人を前面に掲げるらしいのですが、過去何度も中途半端な結果で終わっているのであまり期待していないファンの方も多いでしょう。

また、国内FAには消極的でも外国人選手の方には大きな投資を行うようなので、今オフは外国人補強に要注目です!MLBファンとしてもどのクラスの選手を連れてくるのかとても興味があり、昨オフのスモーク&テームズ以上のサプライズに期待しています。

タイトルとURLをコピーしました