【巨人】2021年オフの補強情報

今回は、巨人2021オフの移籍情報補強ポイントをまとめました!

3連覇はおろか5割のラインさえ踏ん張り切れなかったジャイアンツ。

この雪辱を育成or補強のどちらで果たそうとするのか注目が集まるオフとなっています。

【巨人】ジャイアンツの移籍情報【2021-22】

投手は左投を表しています。

新加入選手

ジャイアンツ 新加入
選手守備前所属
M・アンドリース投手レッドソックス
→マリナーズ
M・シューメーカー投手ツインズ
→SFジャイアンツ3A
翁田大勢投手関西国際大学
赤星優志投手日本大学
花田侑樹投手広島新庄高校
山田龍聖投手JR東日本
石田隼都投手東海大相模高校
代木大和投手明徳義塾高校
G・ポランコ外野パイレーツ
→ブルージェイズ3A
A・ウォーカー外野アメリカ独立L
岡田悠希外野法政大学
育成契約
鈴木優投手オリックス
勝俣翔貴内野オリックス

※育成ドラフト指名選手は省略。【プロ野球】ドラフト2021 指名結果にまとめてあります。

退団選手

ジャイアンツ 退団
選手守備移籍情報
サンチェス投手自由契約
大竹寛投手引退→巡回コーチ
野上亮磨投手引退→球団職員
古川侑利投手戦力外→日本ハム
スモーク*一塁自由契約
松井義弥内野戦力外
亀井善行外野引退→1軍コーチ
陽岱鋼外野自由契約→アメリカ独立L
ハイネマン外野自由契約
テームズ*外野自由契約
→アスレチックス(マイナー)
育成選手
山川和大投手戦力外
平井快青投手戦力外
田中優大投手戦力外
加藤壮太外野戦力外
山下航汰外野自由契約→三菱重工East

※スモーク、テームズは21シーズン中に自由契約。

育成選手関連

支配下復帰

  • 堀田賢慎(投手)

育成降格

以下の支配下選手とは自由契約後に育成で再契約。

  • 田中豊樹(投手)
  • 鍬原拓也(投手) ※開幕前に支配下復帰
  • 伊藤優輔(投手)
  • 沼田翔平(投手)
  • 堀岡隼人(投手)
  • 横川凱(投手
  • 井上温大(投手
  • 香月一也(内野)
  • 増田陸(内野) ※開幕前に支配下復帰
  • 平間隼人(内野)
  • ウレーニャ(内野)
  • 伊藤海斗(外野)

補強ポイント&ToDoリスト

今オフはFA補強を封印し、主要な補強手段は新外国人選手となりそうです。

先発陣の強化

鳴り物入りで入団したサンチェスが期待外れに終わり今季で退団となるので、彼の代わりとして最低1枚は外国人先発を獲得するでしょう。サンチェスにも高年俸を支払っていたので、新外国人先発もランク高めの投手を狙いに行くと予想しています。

国内での補強はあまり期待できないので、新外国人先発以外での底上げは若手陣やドラフト組に期待するしかないといった状況です。

リリーフ陣の強化

ビエイラ、デラロサの残留によりすでに高コストの外国人リリーバーを2枚抱えている状況を考えると、新外国人リリーバーの獲得は厳しそう。あったとしても来日当初のビエイラのようにある程度将来性を見込んだ素材型の可能性が高いと予想します。

先発陣よりも即戦力級の補強が見込めなさそうなので、リリーフ陣の底上げには既存戦力の復調・成長やドラフト組の抜擢がより重要となりそうです。

新外国人スラッガー

テームズは1軍デビュー戦で故障しスモークはコロナの影響で途中帰国と不運が重なった21年の新外国人コンビ。ここの不調がかなり痛かったと思いますが、優勝を奪還するためには今オフも引き続き数億円クラスの新外国人スラッガーを連れてくるのではと予想しています。また、ポジションは退団選手と同様に一塁やレフトが軸となりそうです。

補強の注目ポイント

ドラフトの評価

隅田を外し翁田大勢を指名した時にはまた独自路線を突き進むのかと思いましたが、山田龍、赤星と2,3位では順当な指名を展開し結果的にはタイプの異なる大社投手を3枚も確保できました。

また、中位以降では有望な高校生投手を複数獲得するなど投手ドラフトとしては満点に近い指名でしたが、上位を投手優先にした反動で野手の指名がほとんど出来なかった点だけは少し気がかりです。

投手補強のピックアップ

マット・アンドリース

MLB通算217登板と経験豊富ですが、先発起用は50登板に止まっており先発よりも便利屋として評価されてきた投手です。現に、ここ数季はリリーフ起用が大半を占めています。

外国人投手にしては球威不足と感じますが、多彩な変化球を持ち制球もそれほど悪くはないので大外れは無さそうな印象。ただ、MLBでは便利屋扱いだったことから、やはり先発としてのイニング稼ぎには不安を残しそうです。

マット・シューメイカー

MLB通算128登板とこれまた実績のある投手で、アンドリースよりも先発経験は豊富。ただ、ここ数年は故障や不調に悩まされており、昨季は16登板で防御率8.06とかなり厳しい成績でした。

多彩な変化球を持ち制球も悪くはないが、球威不足が気になるとアンドリースとやや被るタイプ先発経験の豊富さが強みとなりそうですが、35歳という年齢や近年のパフォーマンスを踏まえるとかなり衰えが来ている印象も受けます。

野手補強のピックアップ

アダム・ウォーカー

MLB経験はなくここ数季はアメリカ独立リーグでプレイしていたことからも、お試し枠での獲得と見るべき案件。日本にマッチすれば儲け物といったところでしょう。

タイプは圧倒的な長打力があるもコンタクトに課題という典型的な外国人スラッガー。左右は違いますが、前オリックスのモヤをさらに荒くしたような印象を受ける打者です。

グレゴリー・ポランコ

かつてはパイレーツの超有望株として期待を集めていた選手で、5年総額3500万ドルの大型契約を結んでいたほどの逸材でした。がしかし、2018年に左肩を脱臼してからは不調に陥っており、下降の一途を辿っている状態です。

ただし、短期間ではあるものの昨季終盤のマイナーでは好成績を残しているので、復調の気配も見え始めています。

長打力と走力を兼ね揃えた好打者であり、近年来日した外国人選手の中でも上位クラスの大物であることに間違いありません。復調のタイミングと日本への順応が噛み合えば、驚異の成績を残す可能性は秘めています。

総括

リーグ優勝さえ逃したシーズンなので、巻き返しを図るために予想通り数億円クラスの外国人を複数補強しました。

一方、国内での補強は消極的となっており、再び育成の巨人を前面に掲げる方針のようです。ただ、過去何度も中途半端な結果で終わっているので、今度はどうなることやら。

主力の高齢化は気になりますが、依然として選手層はセ・リーグでNo.1を誇っていると思います。そこに大物助っ人も加わるので、優勝奪還を狙える体制は整いつつあると見て良いでしょう。

後はやはり原監督を始めとした首脳陣の采配次第。ここが結局1番の不安ポイントであることは今年も変わらないですね。

【巨人】2022年の開幕メンバー予想&戦力分析
読売ジャイアンツの2022年を開幕メンバー予想を兼ねて戦力分析。スタメン、先発ローテーションの予想やデプスチャートについてまとめました。
プロ野球2021オフのおすすめ記事!
12球団の共通情報
移籍情報開幕メンバー
予想
ドラフト
セ・リーグ各球団の補強情報
ヤクルト阪神巨人
広島中日DeNA
パ・リーグ各球団の補強情報
オリックスロッテ楽天
ソフトバンク日本ハム西武
タイトルとURLをコピーしました