【ドラゴンズ】2021年オフの補強情報

今回は、中日ドラゴンズ2021オフの移籍情報補強ポイントをまとめました!

結局1年でBクラスに逆戻りとなったドラゴンズ。この低迷から抜け出すためにも積極的な補強に動くしか選択肢は無いのですが、今オフは補強より前に難題が山積みとなっており前途多難です。

ドラゴンズの移籍情報【2021-22】

ドラゴンズ2021オフの移籍情報をまとめました。

※注目選手やポイントについては今記事の後半にまとめてあります。

投手は左投を表しています。

去就注目選手

ドラゴンズ 去就注目
選手守備備考
田島慎二投手国内FA権
を取得
又吉克樹投手
祖父江大輔投手
R.マルティネス投手今季で
契約終了
ビシエド一塁

※FAランクは田島と又吉がC、祖父江がBと推定されています。

新加入選手

ドラゴンズ 新加入
選手守備前所属
石森大誠投手火の国(独立L)
味谷大誠捕手花咲徳栄高校
星野真生内野豊橋中央高校
ブライト健太外野上武大学
鵜飼航丞外野駒澤大学
福元悠真外野大阪商業大学

退団選手

ドラゴンズ 退団
選手守備移籍情報
山井大介投手引退
三ツ間卓也投手戦力外
ロサリオ投手自由契約
藤井淳志外野引退
ガーバー外野自由契約
武田健吾外野戦力外
井領雅貴外野戦力外
遠藤一星外野戦力外
育成選手
丸山泰資投手戦力外

ドラゴンズの補強ポイント

今回は5つの補強ポイントを挙げました。

リリーフ陣の再構築

移籍情報に記したようにライデル、又吉、祖父江、田島と現在の勝ちパターンのほとんどが去就未定です。当然全員残留に向けて球団は動くと思いますが、成功する可能性は正直分かりません。若手投手で来季勝ちパターンに割って入れそうなのは森ぐらいしか見当たらないので、彼らの残留こそが投手陣最大の補強になると思います。

左腕投手陣の強化

先発左腕では大野雄大、小笠原、松葉の3先発が1軍で機能していますが、彼らに続くのが笠原しかいない状況。一方、リリーフ左腕は1軍で機能しているのが福ぐらいであり、残りのリリーフ左腕は1軍の敗戦処理すら危うい状況。先発、リリーフともに左腕不足が大きな問題となっていますが、補強に動くとすれば上記の補強ポイントとも合致するリリーフの方を優先すべきかと思います。

外野陣の強化

ドラゴンズの最優先課題!

開幕前の段階ですでに不安を感じる陣容だったのですが、そこに追い討ちをかけるかのように平田の故障やガーバーの大誤算などマイナス要因が相次ぎ、外野両翼の打力はかなり悲惨なモノでした。若手外野陣もまだ1軍の壁が厚く彼らに期待するのは時期尚早なので、補強は待った無しでしょう。

また、外野で唯一安定した打撃を見せている大島もセンター守備はかなり限界に近い状態なので、センターの後継者問題も急を要しています。

ドラゴンズの新外国人候補

以下には新外国人候補となりそうな選手を数名挙げておきました。

  • ホセ・マルモレホス(左打)
  • フランチー・コルデロ(左打)
  • マイク・トークマン(左打)
  • ヤシエル・プイグ(右打)

内野陣の強化or再構築

京田が終盤の好調を維持し阿部が復調してくれれば、直倫や三ツ俣などとやり繰りし何とか戦える二遊間は築けるかなと一応見ています。ただし、外野陣よりマシとはいえ心許ない陣容には違いないので、テコ入れが可能であれば行いたいポジションではあります。また、周平と石川昂を共存させるためにどちらかを二塁にコンバートするという案も浮上してきており、立浪新監督の采配次第ではガラッと変わった陣容になるかもしれません。

ビシエドの去就次第では

ビシエドが退団となれば一塁の穴埋めも必要となってきます。石川昂やアリエルを活用するなど既存戦力のやり繰りで一塁を埋め外野にコストを集中させるという案も考えられますが、やはり打線の強化にはビシエドの存在が必要不可欠だと思います。

若手捕手の確保

ドラゴンズの中で唯一困っていないポジションとなっていますが、郡司やアリエルにコンバートの可能性があったりと頭数の管理には注意が必要です。また、来季石橋の1軍出場が増えた場合には他の捕手の育成機会も多く確保できるので、新たな若手捕手を1人獲得しておくのも面白いと思います。

ドラゴンズ2021オフの注目ポイント

移籍情報に関する注目ポイントや進捗状況をまとめました。

山井大介&藤井淳志が現役引退

ドラゴンズの黄金期を知るベテラン2選手が現役を引退。今季の起用法からある程度の覚悟はしていましたが、実際に発表されてしまうとやはり寂しいですね。両選手とも本当にお疲れさまでした!今後についてはともにまだ具体的な発表はありませんが、次はコーチとしてドラゴンズに携わってくれると嬉しいなと個人的に期待しています。

※追記(10/22)
山井の2軍投手コーチ就任が浮上とのこと。

ドラフトで6人を指名

今年のドラフトでは本指名で投手1選手、野手5選手の計6選手を指名しました。(育成ドラフトには参加せず。)

大学生外野手を3人と思い切った指名を敢行し伊藤康も含めると同学年の右打の外野手が4人と極端な構成になってしまいましたが、それだけ現状の外野陣に危機感を抱いていることの表れでしょう。また、外野手以外にもリリーフ左腕、二遊間、高校生捕手と補強ポイントを着実に埋める指名を行いましたが、投手が1枚だけなのはやはり寂しいです。もう少しバランスを意識した指名を考えるべきだったと自分は思います。

ブライト健太
走攻守3拍子が揃ったアスリートタイプ。将来は5ツールプレイヤーとして期待が集まりますが、大学での実績が乏しく線もまだ細いためまずは体つくりからとなりそうです。

鵜飼航丞
バットに当たればえげつない打球を飛ばすスラッガーですが、三振が多いなど確実性に乏しい点が悩み。足や肩も良いものを持っていますが、大学ではDHでの起用が多いのも不安材料です。

石森大誠
即戦力候補のリリーフ左腕。リーグのレベルには少し不安を覚えますが、奪三振能力の高さが大きな魅力です。

キューバ勢の去就について

9/17
ライデル・マルティネス 、ロドリゲス、アリエル・マルティネスの3選手の残留をキューバ政府に要請したことを明らかにしました。キューバ人選手のMLB移籍に関しては依然として亡命を必要とする可能性が高いため、金額をケチらなければドラゴンズ残留の可能性が高いと個人的には予想しています。

また、投打両面での追加派遣も依頼しており、新たな若手有望株を獲得する方針のようです。

10/23
まだ現地報道の段階ですが、ロドリゲス、アリエル・マルティネスとは残留で合意したようです。(ライデルとは交渉を継続中。)また、新たな若手有望株としてフランク・アルバレス(投手)ギジェルモ・ガルシア(一塁・外野)の獲得にも成功したようです。(2選手とも育成契約が濃厚。)

総括

与田監督が退任となり新監督にはついに立浪氏を迎えることとなりそうですが、現場経験の乏しさなどを考えると1年目からの過度な期待は禁物でしょう。中日の切り札的な存在なのでフロントもバックアップに全力を挙げると思いますが、どこまで投資してくれるのかは未知数。ここ数年の動きやドラフトを見ても疑問に感じるところがいくつかあり、明るい方向にチームが変わりそうな気配は現時点で感じないというのが1人の竜党としての本音です。

タイトルとURLをコピーしました