【ドジャース】2024年の選手紹介&ロースター構成

ドジャース2024の選手紹介を、スタメンや先発ローテーションなどを基にまとめました!

※選手末尾の「*」は左打or左投、「#」は両打。

ドジャース野手陣2024

スタメン

対右投手用のベストオーダーです。

1番 (SS) ムーキー・ベッツ
センス抜群のスターは今季から本格的に二遊間へ転向。攻守ともに代えの利かない存在となっているので、故障だけは絶対に避けて欲しい。

2番 (DH) 大谷翔平*
今季は投手をせず打撃に専念。折角なら今しか出来ない偉業を期待しており、個人的には40HR・40盗塁が見たい。

3番 (1B) フレディ・フリーマン*
MLB屈指の高打率を残しながら、長打も期待できる強打者。今年で35歳とベテランの域に達していますが、衰え知らずの打棒を期待したい。

4番 (C) ウィル・スミス
ベッタニマンと比べると傑出度は劣りますが、名の通り頼れる男。彼のクラッチヒットにより、強力な上位打線が完成と言えるでしょう。

5番 (LF) テオスカー・ヘルナンデス
ドミニカ代表でも主軸を張れるスラッガーが新加入。貢献度の大半が長打力由来と極端な選手ですが、そのパワーが打線の良いアクセントに。

6番 (2B) ギャビン・ラックス*
右膝靭帯断裂から復帰の元有望株。依然期待が集まる中、打撃の感や走力は取り戻せず、2B守備だけが頼りとなっています。

7番 (CF) アンディ・パヘス ※4/16昇格
外野のトッププロスペクトがデビュー。AAAと同様にMLBでも攻守で躍動しており、現状の不満は四球の少なさぐらいでしょう。

8番 (RF) ジェイソン・ヘイワード* ※5/17復帰
腰の故障から復帰。外野の構想が乱れ始めているので、やはりベテランが昨年のような安心感をもたらして欲しい。

9番 (3B) キャバン・ビジオ* ※6/12補強
TORからトレード加入。今年は不調なUT選手ですが、マンシーの復帰が遅れているため、当面はスタメンなどで重宝しそう。

控え

オースティン・バーンズ (C)
フレーミングに定評のある第2捕手。ただ、攻守ともに衰えも見え始めているので、最後の踏ん張り所となるシーズンに。

ミゲル・ロハス (IF)
二遊間のバックアップとして期待の昔気質な守備職人。ベッツの負担を減らすためにも、彼の起用頻度は重要なポイントです。

エンリケ・ヘルナンデス (UT)
愛称はキケ、そして2人目のUT選手にして最高のムードメーカー。マンシー離脱でスタメンの機会も増えてきそう。

クリス・テイラー (UT)
屋台骨を支えるUT選手。なんやかんやで平均レベルの成績を残してくれるはずの打撃が、今季は絶不調な出だしとなっています。

ドジャース投手陣2024

先発ローテーション

登板順に並べています。

1番手 タイラー・グラスノー
MLB1の先発も狙える剛腕が新加入。懸念はガラスのエースと揶揄されるほどの故障の多さであり、それさえ回避できれば圧倒的な存在感を発揮してくれるはず。

2番手 ジェームズ・パクストン*
通算156先発の大型左腕が新加入。耐久性などを考えると、通年持たすのは厳しい印象も受けるので、故障者復帰まで繋いでくれたら御の字。

3番手 ウォーカー・ビューラー ※5/6復帰
一昨年TJ手術を受けた剛腕が遂に復帰。出力を取り戻しつつあるのは一安心ですが、少しモデルチェンジを図ろうとしているため、完全復調にはまだ様子見が必要。

4番手 ギャビン・ストーン
チェンジアップが武器の若手は順調な成長をアピール。もう少し奪三振が増えてこれば、ローテ定着を盤石に出来るでしょう。

5番手 山本由伸
NPB最強右腕がMLBに挑戦。日によって機能する球種が変わる手探りな状態が続いていますが、慣れてくれば日本時代の再現を期待できると信じています。

ブルペン陣

序列順に並べています。

1番手 エバン・フィリップス ※5/31復帰
右太ももの故障から復帰。ブルペンを更に盤石なものとするべく、引き続き守護神に君臨してもらいたい。

2番手 ダニエル・ハドソン
通算482登板の大ベテランが右膝の故障から完全復帰。勝ちパターンの一角として見事な存在感を発揮しています。

3番手 ブレイク・トライネン ※5/5復帰
胸部打撲からようやく復帰。近年は故障に悩まされていたものの、伝家の宝刀であるスライダーはブランクを感じさせない切れ味。

4番手 アレックス・ベシア*
貴重なパワーレフティー。例年以上に粗さを残す投球となっているものの、持ち味の奪三振力でブルペンの屋台骨を支えます。

5番手 マイケル・グローブ
今季からブルペン配置。当初はロング要員と見ていましたが、最近ではK%も増えており、ショートでも可能性を感じる投手に。

6番手 アンソニー・バンダ* ※5/19補強
CLEから補強。メジャーに定着できない年が続いていますが、敢えて獲得したということは何か面白い武器が見付かったのでしょうか。

7番手 ヨハン・ラミレス ※5/20補強
通算112登板のサイドハンドをNYMから獲得。制球難に苦しむも、ロバーツ監督にハグされてからは改善傾向?

8番手 ライアン・ヤーブロー*
ロング要員を担う技巧派左腕。先発が揃うまでは、ブルペンデーなどで彼のイニングイート力を重宝することになりそう。

故障者リスト

主力選手の故障情報をまとめました。

ボビー・ミラー (SP) ※4/13 15IL
右肩、復帰時期:まもなく

カイル・ハート (RP) ※4/17 60IL
右肩、復帰時期:6月中

ジョー・ケリー (RP) ※5/6 15IL
右肩、復帰時期:6月下旬以降

ブルスダー・グラテロル (RP) ※3/19 60IL
右肩、復帰時期:7月以降

ライアン・ブレイジャー (RP) ※4/28 15IL
右ふくらはぎ、復帰時期:7月以降

マックス・マンシー* (3B) ※5/16 10IL
右脇腹、復帰時期:7月以降

クレイトン・カーショウ* (SP) ※3/4 60IL
23.11 左肩手術、復帰時期:7月中旬以降

ダスティン・メイ (SP) ※2/8 60IL
23.07 右肘手術、復帰時期:7月下旬以降

コナー・ブログドン (RP) ※4/13 60IL
右足、復帰時期:不明

トニー・ゴンソリン (SP) ※2/9 60IL
23.09 TJ手術、復帰時期:25年春

エメット・シーハン (SP) ※3/19 60IL
24.05 TJ手術、復帰時期:25年終盤

MLBのおすすめ記事!
24シーズン中の記事
移籍一覧 トレード一覧 トレード噂
FAリスト LAD選手 LAA選手
23-24オフの記事
順位予想 移籍一覧 FA契約
タイトルとURLをコピーしました