【ブレーブス】2021年オフの補強情報

今回は、優勝記念にブレーブス2021オフの移籍情報補強ポイントをまとめました!

見事ワールドチャンピオンに輝いたブレーブスですが、その道のりは平坦ではなくアクーニャJr.の離脱などで苦しい状況に陥ったことも。そんなチームが王者になれた理由の1つにはやはり補強の重要性がありました。

ブレーブスの移籍情報【2021-22】

ブレーブス2021オフの移籍情報をまとめました。

SPRPは左投を表しています。

※末尾に「*」がある選手は21シーズン中に加入した選手です。

※注目の移籍については今記事の後半で少し解説してあります。

新加入選手

ATL 新加入
選手守備移籍情報
ジェイ・ジャクソンRPSF (trade)
カービー・イエーツRPTOR
マニー・ピーニャCMIL
マイナー契約
ダレン・オデイRPNYY
21シーズン中の主な加入選手
  • リチャード・ロドリゲス(RP)
  • エドガー・サンタナ(RP)
  • シェーン・グリーン(RP)
  • スティーブン・ボート(C)
  • チャドウィック・トロンプ(C)
  • オーランド・アルシア(IF)
  • アダム・デュバル(OF)
  • ジョク・ピーダーソン(OF)
  • ホルヘ・ソレア(OF)
  • エディ・ロザリオ(OF)

退団選手

ATL 退団
選手守備移籍情報
フレディ・フリーマン1BFA ※QO拒否
ジョク・ピーダーソン*OFFA ※OP破棄
ホルヘ・ソレア*OFFA
エディ・ロサリオ*OFFA
ジャッセル・
 デラクルーズ
SPノンテンダーFA
ドリュー・スマイリーSPFA
クリス・マーティンRPFA
リチャード・
 ロドリゲス*
RPノンテンダーFA
ジェシー・チャベスRPFA
ジョシュ・トムリンRPFA ※OP破棄
ヨアン・ロペスRPDFA-PHI (waiver)
グラント・デイトンRPリリース
ヨハン・カマルゴIFノンテンダーFA
テレンス・ゴアOFFA
エイーレ・アドリアンサUTFA
マイナー
スティーブン・ボート*CFA
ジェフ・マシスCFA
21シーズン中の主な退団選手
  • ブライス・ウィルソン(SP)
  • ネイト・ジョーンズ(RP)
  • エドガー・サンタナ*(RP)
  • シェーン・グリーン*(RP)
  • アレックス・ジャクソン(C)
  • パブロ・サンドバル(3B)
  • エンダー・インシアーテ(OF)
  • エイブラハム・アルモンテ(OF)

ブレーブスの補強ポイント

フリーマンの去就や外野陣のテコ入れなど野手陣の方が補強ポイントは多い印象です。

実績のある先発をもう1枚

FA予定だったモートンとはすでに契約延長しているので、フリード&アンダーソンと形成する三本柱は来季も健在。彼らに加えデビッドソンやライト、イノーアといった若手陣も控えているため、一応枚数は揃っているローテとなっています。ただ、4番手以降の質については不安が残るので、FAとなるスマイリーのようなベテランを1枚確保しておくのが無難かなと思います。

また、夏頃にはソロカが復帰予定となっていますが、流石に2回続けてのアキレス腱断裂は後遺症も心配されるので、あまり過度な期待を持たない方が良いかなと思います。

フリーマン(1B)の去就

フリーマンの残留こそが最大の補強!

若い選手の多いチームが1つにまとまってこれたのはやはりフランチャイズプレイヤーであるフリーマンの存在が大きかったと思います。当然彼の代わりとなれる選手などいる筈もなく、彼を失えばグラウンド内外で大きな損失となるでしょう。

外野陣の再構築

オスーナがDV問題で出場停止、アクーニャJr.は右膝靭帯の断裂で今季絶望、ベテランのインシアーテは衰えによりリリース、若手有望株のパチェはまだ力不足。といったように外野陣に悉く誤算が生じてしまったため、かなり苦しいやり繰りが続いていました。しかし、トレード期限日に3人補強するなど4人の外野手を獲得したことで状況は一変。4選手ともPSで大暴れし、ワールドチャンピオンへの原動力の1つとなりました。

ただ、ソレア&ロサリオはFAでデュバル&ピーダーソンは相互オプションとなっているので、最悪全員退団という可能性もアクーニャJr.は5月頃までに復帰予定となっていますが、オスーナの方はまだ未定。外野の複数ポジションを若手だけで埋めるのはやはり厳しいので、途中加入組の残留も含め複数人の外野補強が必要でしょう。

また、来季からはナリーグもDH制となる可能性が高いので、外野3つだけでなくそれ以上の人員確保が必要となる点にも注意です。

移籍&契約情報の注目ポイント

今オフの移籍&契約情報の注目ポイントを時系列順にまとめました。

11/3~ 10選手がFAに

フリーマン、スマイリー、マーティン、チャベス、ソレア、ロサリオ、アドリアンサの7選手がFA選手として公示されました。フリーマンとは今後も再契約を模索していくと思われます。
※11/7 フリーマンクオリファイング・オファー(QO)を提示。→11/17 QOを拒否

11/5 ピーダーソン相互オプションを破棄しFAに。
※デュバルの相互オプションも破棄されましたが、まだ年俸調停の対象となっているのでFAにはなりません。FAとなるかはブレーブスの判断次第となります。

11/6 トムリン球団オプションを破棄しFAに。

11/7 ゴアがFAに。

11/15 ピーニャを獲得

ブレーブスがマニー・ピーニャと契約。条件は2年総額800万ドルで、2024年には球団オプションも付いています。

チームにはすでに正捕手としてダーノーがいますが、彼を支える第2捕手としてベテラン捕手を確保。W・コントレラスやトロンプといった若手も控えていたので捕手は補強ポイントに挙げていませんでしたが、シーズン中にダーノーが故障離脱した時にはかなり苦慮したので早めにその対策を講じた形となりました。

総括

着実な若手の成長と思い切った補強が合わさり、見事な快進撃だったと改めて称賛を送りたいと思います。ただ、そのグラウンド上にアクーニャJr.がいなかったのは寂しかったので、今度はアクーニャJr.が大活躍してのチャンピオンが見たいなと思います。

ブレーブスは何度も言うように若手が多いチームなので、来季以降も楽しみです。ただ、彼らのまとめ役だったフリーマンの去就がどうなるのかはやはり大きな懸念材料なので、フリーマンの行方がストーブリーグ序盤の大きな注目点となるでしょう。

アクーニャJr.、オスーナの復帰時期が未定というのは大きな不安要素だと思うので、この不安を少しでも和らげる補強がこのオフには求められているでしょう。そして、それらが既存戦力と上手く噛み合えば連覇も十分可能なチームだと思います。

タイトルとURLをコピーしました