【MLB】2021年シーズン中のトレード情報

MLB2021シーズン中に成立したトレードについてまとめました!

シーズン中の移籍記事ではスペースの関係上詳細なトレード情報を掲載しにくかったので、今季は別記事にまとめることにしました。

今記事で取り扱うトレードは有名選手やチーム強化の意味合いが大きい取引に限定しましたが、それだけでは寂しいと思ったので各トレードの狙いや背景などの解説も少し付けてみました。

4月のトレード情報

例年は大きなトレードがあまり行われないはずの時期ですが、いきなり大物の移籍が決定とやや驚きのシーズン幕開けになりました。

4/6 ヤンキースがオドーアを獲得

ヤンキース IN
ルーグネッド・オドーア(二塁)
金銭(約2700万ドル)
レンジャーズ IN
ジョシュ・ストワーズ(外野)
アントニオ・カブレロ(捕手)
ヤンキースが獲得する金銭について
オドーアにはまだ2年2700万ドルの契約が残っているが、引き続きレンジャーズが支払う形に。ヤンキースの負担は最低年俸分のみとなっている。

オドーアは長年テキサスの正二塁手を務めてきたものの、度重なる不調により今季は控えに回るのが濃厚となっていた。がしかし、若手にチャンスを与えたいというチーム方針により開幕直前にはDFAとなった。

一方、ヤンキースがオドーアを獲得した理由は、

  • 内野陣の主力と控えの差が大きい
  • 左打者有利の本拠地ながら左打者が少ない
  • 一塁のボイトが故障中

などが挙げられる。ただ、DFAとなったことからも分かるようにここ数年のオドーアの成績はかなり悪く、戦力としてあまり高望み出来ないのが現状。

4/6 ブレーブスがアルシアを獲得

ブレーブス IN
オーランド・アルシア(内野)
ブルワーズ IN
チャド・ソボトカ(RP・右)
パトリック・ワイゲル(P・右)

アルシアはトッププロスペクトと期待されていた選手だったが、打撃面が大きな弱点となり期待に応えられず。今季のブルワーズは正遊撃手をウリアスに任せる方針であったため、アルシアの序列は内野の控えまで降格しており、良い話があれば放出可能なトレード要員となっていた。

一方、ブレーブスも内野のレギュラーは固まっているが、控えに不安があったため内野のユーティリティとして獲得。昨季まで所属していたエチェバリア(ロッテ)のような役割を期待されいる。

4/27 ジャイアンツがトークマンを獲得

ジャイアンツ IN
マイク・トークマン(外野)
ヤンキース IN
ワンディ・ペラルタ(RP・左)
コナー・キャノン(一塁)

ヤンキースの外野はジャッジ、ヒックス、フレイジャー、ガードナーと充実しており、トークマンは余剰戦力となっていた。一方、ジャイアンツは予想以上に好スタートを切ったチームの戦力をさらに向上させるためにトークマンを獲得。

また、開幕直前にブリットンが故障で離脱していたため、リリーフ陣に厚みを取り戻したいヤンキースにとってペラルタは魅力的な獲得候補だった。

5月のトレード情報

まだトレードの動きは活発化してこない時期です。

5/14 ドジャースが筒香嘉智を獲得

ドジャース IN
筒香嘉智(三塁,外野)
レイズ IN
後日発表選手または金銭
筒香の年俸について
筒香の今季年俸700万ドルの内まだ約550万ドルが残っているが、これはレイズが負担する形に。ドジャースの負担は最低年俸分のみとなっている。

筒香とポジションも役割も被るチェ・ジマンが開幕から故障者リストに入っていたため多くのチャンスを貰っていたが、肝心の打撃成績が昨季よりも悪化。チェの復帰時期も近付いてきたことからDFAとなった。

そして、問題はDFA後の去就について。レイズが年俸の大半を負担すればトレードの可能性もあり得るとは読んでいたが、驚いたのはその相手がドジャースだったこと。同時期にプホルスも獲得しており、サプライズ続きの補強となった。

ドジャースは野手に故障者が相次いでおり、彼らが復帰するまでの繋ぎが必要だった。また、マンシーなど他球団で結果を残せなかった野手を再生することに長けたチームであり、筒香にも何らかの可能性を感じていたため、獲得に動いたようである。

5/21 ブルワーズがアダメスを獲得

ブルワーズ IN
ウィリー・アダメス(遊撃)
トレバー・リチャーズ(SP・右)
レイズ IN
J.P.ファイアライゼン(RP・右)
ドリュー・ラスムッセン(RP・右)

ブルワーズは4/6にアルシアを放出しウリアスを正遊撃手に据えたものの、守備力に問題を抱えており、攻守両面で計算できる遊撃手を模索していた。

一方のレイズはアダメスを高く評価しているものの、プロスペクトランキングMLB全体1位のフランコを始め遊撃に複数の有望株を抱えているため、高く売れる時に放出しようというのが今回の狙い。

6月のトレード情報

開幕から2カ月が経ちそろそろ勝負or再建に結論を出すチームも増えてくるため、放出の噂も増えてくる時期となっています。

タイトルとURLをコピーしました