【DeNA】2022年オフの補強情報

横浜DeNAベイスターズ2022オフの移籍情報補強ポイントをまとめました!

横浜DeNAベイスターズの移籍情報【2022-23】

現在の支配下枠は64選手

投手は左投を表しています。

残留選手

去就が注目されながらも残留となった主力をまとめました。

DeNA 残留
選手 守備 契約情報
山﨑康晃 投手 6年契約 (年俸 3億円)
ガゼルマン 投手 年俸 1憶2000万円

新加入選手

DeNA 新加入
選手 守備 前所属
T・バウアー 投手 ドジャース
J.B.ウェンデルケン 投手 Dバックス
吉野光樹 投手 トヨタ自動車
橋本達弥 投手 慶應義塾大
笠原祥太郎 投手 中日 (現役ドラフト)
森下瑠大 投手 京都国際
松尾汐恩 捕手 大阪桐蔭
林琢真 二塁 駒澤大
京田陽太 遊撃 中日 (トレード)
T・アンバギー 外野 マリナーズ3A
育成契約
西巻賢二 内野 ロッテ
今野瑠斗 投手 東京都市大塩尻
渡辺明貴 投手 独立L茨城
草野陽斗 投手 東日大昌平
上甲凌大 捕手 独立L愛媛
鈴木蓮 内野 滋賀学園

退団選手

DeNA 退団
選手 守備 移籍情報
ロメロ 投手 自由契約→LAA(マイナー)
クリスキー 投手 自由契約→KC(マイナー)
三上朋也 投手 戦力外→巨人(育成)
有吉優樹 投手 戦力外-引退→ロッテ球団職員
浅田将汰 投手 戦力外-引退
砂田毅樹 投手 トレード→中日
嶺井博希 捕手 国内FA→ソフトバンク
髙城俊人 捕手 戦力外-引退→球団職員
倉本寿彦 内野 戦力外→日本新薬
山下幸輝 内野 戦力外-引退
田部隼人 内野 戦力外-引退
宮本秀明 外野 戦力外
細川成也 外野 現役ドラフト→中日

育成選手関連

育成降格

以下の選手とは自由契約後に育成で再契約。

DeNA 育成降格
選手 守備 備考
櫻井周斗 投手 10月初旬 疲労骨折
松本隆之介 投手 2年間で1軍登板0

補強ポイント

大きな補強ポイントは見当たらない印象です。

外国人スターター

  1. 今永昇太
  2. 大貫晋一
  3. 濵口遥大
  4. 石田健大
  5. ガゼルマン
  6. 東克樹
  7. 京山将弥
  8. 上茶谷大河
  9. 坂本裕哉

1軍経験が豊富な先発として上記9投手の名前が挙がり、さらに若手たちも複数控えているので、枚数に関しては不安のない先発陣となっています。ただ、質の方では今永、大貫、濵口、石田の4投手までしかまだ計算できず、少し不安も抱えている印象です。

東の完全復調や京山、上茶谷の成長に期待する声もありますが、万全を期すなら外国人スターターの存在も重要となるでしょう。

すでにガゼルマンとの再契約により1枚の外国人スターターを有している形となっているのですが、ガゼルマンの投球タイプやサンプル数の少なさを考えるとそこまで信用できないので、もう1枚連れてきても面白いかなと思います。

ブルペン陣の強化

  1. 山﨑康晃 (CL)
  2. 伊勢大夢
  3. エスコバー
  4. 入江大生
  5. 田中健二朗
  6. 平田真吾

今オフ1番の不安材料だった康晃のメジャー挑戦問題は、異例の6年契約を結ぶことで解決。来季以降も守護神に困らないのはチームにとって大きな動きだったと思います。

その一方で、信用できたリリーバーが上記の6投手ぐらいしかいなかったのは大きな改善点。伊勢や入江の成長により強力な勝ちパターンは形成できていましたが、リリーバーの継続的なパフォーマンスを計算し過ぎると痛い目を見るので、ブルペンの選択肢を増やす動きは随時行っていきたいところです。

センターラインの強化

野手陣の補強ポイントを敢えて挙げるなら捕手、二遊間、中堅といったセンターラインの強化でしょうか。

捕手
嶺井の流出はやはり気になるポイント。伊藤もコンディションに不安を残すことから、来季は戸柱にかなり負担が行く可能性も。

二塁手
余裕があれば牧のバックアップとして打力型を1人用意しておきたいところ。

遊撃手
森の成長は好材料も、森のサポートを期待したい大和や柴田といった経験者が守備の安定を欠いているのは大きな不安材料。

中堅手
桑原と神里しか選択肢が無く、早めに第3の選択肢の目処は立てておきたいところ。

3人目の外国人打者

オースティンの故障の多さは深刻な問題であり、またソトの方も以前と比べると打撃の魅力はかなり落ちてきているので、そろそろ3人目の外国人打者を用意しておいても良いのではと思います。

ポジションとしては上述したセンターラインが補強できればかなりの戦力UPとなるのですが、昨今の外国人事情を考えるとやはり外野の両翼が無難でしょうか。

補強の評価

詰めの甘さも感じていたところに、まさかまさかの大物補強。

投手陣

  • 山﨑康晃が残留
  • 吉野光樹、橋本達弥をドラフトで指名
  • ウェンデルケンを補強
  • 笠原祥太郎を現役ドラフトで獲得
  • そして、バウアーを補強

康晃が残留し、新外国人リリーバーとしてウェンデルケンも補強。さらにドラフト5位の橋本も早期の戦力化に期待が持てるリリーバーなので、ブルペンの選択肢を増やす動きは一応敢行できたと思います。

一方、先発陣ではドラフト2位の吉野や笠原が新たに加わり枚数は増えましたが、質の問題には着手できず。

と思っていたら、まさかまさかのバウアーを獲得。候補自体はそれなりに有しているのですが、大貫の離脱などローテに誤算が相次いでいるので、かなり大きな補強ではないでしょうか。

野手陣

  • 松尾汐恩、林琢真をドラフトで指名
  • 京田陽太を中日から獲得
  • アンバギーを補強

課題のセンターラインの強化では、ドラフトで林、トレードで京田を獲得しまずは二遊間の強化に成功。

一方、捕手陣では嶺井の退団により戦力ダウン。超有望株・松尾の獲得で将来性は明るいものの、伊藤の健康面や若手捕手陣の伸び悩みを考えると、不安の方が大きいポジションのように感じます。

また、打撃面で大きなテコ入れが無かったのも気になるところ。オースティンの早期復帰や若手陣の大きな成長が出てこないと、打線の上積みが見られないかもしれません。

総括

打撃のチームと思われがちですが、2位になった大きな原動力は投手陣の頑張りです。

だからこそ、ブルペンの選択肢を増やす補強が早急に出来たのは良かったですし、バウアーの補強も的確な大型投資だったと思います。

一方の野手陣がオースティンの復帰以外に打線の上積みを作れない状況なので、やはり23年も投手陣の頑張りが大事。

バウアーのの加入がベイスターズ投手陣にどういった化学反応をもたらすのかは、大きな大きな注目ポイントになるでしょう。

プロ野球のおすすめ記事!
23-24オフの移籍情報
移籍情報 2軍新球団 開幕予想 ドラフト
球団別の補強情報
阪神 広島 DeNA 巨人
ヤクルト 中日 ソフトB
球団別の開幕メンバー予想
阪神 巨人 中日
タイトルとURLをコピーしました