【阪神】2022年オフの補強情報

阪神タイガース2022オフの移籍情報補強ポイントをまとめました!

阪神タイガースの移籍情報【2022-23】

現在の支配下枠は64選手

投手は左投を表しています。

残留選手

去就が注目されながらも残留となった主力をまとめました。

阪神 残留
選手守備契約情報
西勇輝投手4年総額12億円
K・ケラー投手年俸130万ドル
岩崎優投手4年総額8億円
岩貞祐太投手3年総額3億円

新加入選手

阪神 新加入
選手守備前所属
茨木秀俊投手帝京長岡
門別啓人投手東海大札幌
富田蓮投手三菱自動車岡崎
渡邉諒内野日本ハム (トレード)
髙濱祐仁内野
戸井零士遊撃天理
森下翔太外野中央大
井坪陽生外野関東第一
育成選手
野口恭佑外野九州産業大

新外国人投手にはJ・ビーズリー (投手/パイレーツ)、B・ケラー (投手/レッドソックス3A)と合意間近。

一方、新外国人野手にはS・ノイジー (内野/アスレチックス)、J・ミエセス (外野/レッドソックス3A)を獲得調査中。

退団選手

阪神 退団
選手守備移籍情報
藤浪晋太郎投手ポスティング
アルカンタラ投手自由契約
ガンケル投手自由契約
ウィルカーソン投手自由契約
齋藤友貴哉投手トレード→日本ハム
守屋功輝投手戦力外
小野泰己投手戦力外→オリックス(育成)
尾仲祐哉投手戦力外→ヤクルト
マルテ内野自由契約
ロドリゲス一塁自由契約
糸井嘉男外野引退→球団アドバイザー
ロハスJr.外野自由契約
江越大賀外野トレード→日本ハム
育成選手
牧丈一郎投手戦力外-引退

育成選手関連

育成降格

以下の選手は自由契約後に育成で再契約。

阪神 育成降格
選手守備備考
佐藤蓮投手2年間一軍登板なし

補強ポイント&ToDoリスト

やはり野手補強が中心。補強の軸は新外国人選手となりそうですが、8人体制から少し減らすとの方針は気になるところです。

外国人スターター

  1. 青柳晃洋
  2. 伊藤将司
  3. 西勇輝
  4. 西純矢
  5. 才木浩人
  6. 岩貞祐太 ※先発に再転向?
  7. 桐敷拓馬
  8. 森木大智
  9. 秋山拓巳

藤浪や外国人コンビが退団となっても、西勇輝の残留により枚数は揃います。上記以外にも髙橋遥ら故障復帰組や鈴木勇ら若手陣も控えており、ローテの選択肢は本当に多いチームです。

ただ、若手や故障明けの投手が多いので、継続性や稼働率には少し不安も覚えます。現に、一時は谷間の見当たらなかったローテが、外国人コンビの離脱などによって少しやり繰りに苦労した時期もありました。こうした不安要素をあらかじめ取り除いておくためにも、1枚は外国人スターターを補強した方が安心かなと考えます。

ブルペン陣の再整備

ブルペン陣の主な序列
方程式湯浅、浜地、岩崎、ケラー
次候補渡邉、加治屋、島本、石井
敗戦処理小林、馬場

岩崎のFA問題が無事に解決できたので、枚数自体は揃っているブルペン陣となっています。

一方で、22年のタイガースは勝ちパターンの安定に苦しんだので、堅固な方程式の構築は早期に解決しておきたい課題。継投順を変えるだけでも改善するかもしれませんが、万全を期すためにはニューフェイスの補充も考えておくべきでしょう。

※補足
岩崎と同様に残留となった岩貞には先発再転向案も浮上しています。

外国人スラッガー

外国人の打撃成績
選手打数打率HR三振出塁率OPS
ロハスJr.183.224953.322.732
マルテ90.256119.324.624
ロドリゲス65.154217.200.477

マルテは故障が多く、ロハスやロドリゲスは日本の野球に対応できず。助っ人3人衆は期待外れに終わりましたが、長打力不足の解決にはやはり新外国人スラッガーの獲得がマストなので、今オフこそ優良な助っ人を連れてきたいところ。

岡田監督が一塁大山・三塁佐藤輝を固定する方針を示しているので、ポジションは外野の両翼でしょうか。理想はライトだと思いますが、打力だけでなく外野守備も求めるとなると成功のハードルがかなり上がってしまうので、レフト専に狙いを絞った方が安全かもしれません。

二塁手

主な二塁手の打撃成績
選手打数打率HR三振出塁率OPS
糸原445.247348.307.606
山本181.249242.290.594
木浪93.204119.253.532
小幡69.188121.208.455
北條43.18616.217.496
高寺23.13005.192.453

攻守両面を兼ね備えた選手がおらず、レギュラーは不在。今までは糸原が主に起用されてきましたが、岡田監督は守備面にもよく言及しているので、人選は大きく変わるかもしれません。

二塁は外国人の補強がしづらいポジションなので、補強手段は日本人頼みとなります。ただ、今オフの国内FA市場には大物二塁手が複数いるものの、あまり積極的ではない様子。補強の軸はドラフトと考えており、上位で大学生二塁手を指名する可能性が高いと予想しています。

また、中野を二塁にコンバートし小幡を遊撃に回す案も浮上しています。もし、中野の二塁転向を本気で進める場合は、補強ポイントが二塁から遊撃に変わるかもしれません。

プロ野球のおすすめ記事!
12球団
移籍情報FA 一覧ドラフト評価
現役ドラフト
球団別の補強情報
ヤクルトDeNA阪神
巨人広島中日
タイトルとURLをコピーしました