【ヤクルト】2023年オフの補強情報

ヤクルトスワローズ2023オフの移籍情報補強ポイントをまとめました!

移籍情報

現在の支配下枠は66選手

SPRPは左投。

新加入選手

ヤクルト 新加入
選手 守備 前所属
西舘昂汰 SP 専修大
松本健吾 SP トヨタ自動車
ミゲル・ヤフーレ SP SFジャイアンツ3A
宮川哲 SP 西武(トレード)
石原勇輝 SP 明治大
ホセ・エスパーダ RP パドレス3A(譲渡)
嘉弥真新也 RP ソフトバンク
鈴木叶 C 常葉大菊川高
北村拓己 IF 巨人(現役ドラフト)
伊藤琉偉 SS 独立L新潟
西川遥輝 OF 楽天
増田珠 OF ソフトバンク
育成契約
髙橋翔聖 P 台湾・鶯歌工商高
髙野颯太 3B 三刀屋高

退団選手

ヤクルト 退団
選手 守備 移籍情報
市川悠太 SP 戦力外
吉田大喜 SP 戦力外→東邦ガス
ピーターズ SP 自由契約
梅野雄吾 RP 現役ドラフト→中日
大下佑馬 RP 戦力外-引退
杉山晃基 RP 戦力外-引退
久保拓眞 RP 戦力外-引退→オリックスS
成田翔 RP 戦力外→全川崎クラブ
荒木貴裕 IF 引退
奥村展征 IF 戦力外-引退→楽天2軍C
松本友 IF 戦力外-引退
元山飛優 IF トレード→西武
育成選手
鈴木裕太 RP 戦力外
松井聖 C 戦力外→独立L信濃

育成選手関連

育成降格

以下の支配下選手とは自由契約後に育成で再契約。

ヤクルト 育成降格
選手 守備 備考
嘉手苅浩太 SP 3年間1軍登板なし

補強ポイント&ToDoリスト

先発ローテの強化

23年の投球回ランキング
順位 選手 投球回 防御率
1位 小川泰弘 144 3.38
2位 サイスニード 135 3.67
3位 高橋奎二 101.2 4.60
4位 小澤怜史 101.1 3.02
5位 ピーターズ 100.2 3.22
6位 石川雅規 63.1 3.98
7位 吉村貢司郎 60.1 4.33

23年もチームで1番の弱点となっており、高橋奎二の不振や奥川の不調、ピーターズの退団など、懸念材料が相次いでいる状況です。そのため、今オフの先発補強にはかなり力を入れています。

補強した枚数としてはドラフトで大社投手を3枚、新外国人先発を1枚、トレードで1枚の計5枚。ただ、何れの投手も成長や調整が必要となっており、即戦力を補強できたとは言えない印象です。枚数を増やせたのはプラスであり、1年後には評価が変わっている可能性も秘めてはいますが、現状の材料だけを見れば、確実性の乏しさが残る先発補強に感じます。

ブルペン陣の強化

23年のブルペン陣
役割 選手 登板数 防御率
CL 田口麗斗 50 1.86
SU⑧ 清水昇 56 2.98
木澤尚文 56 2.72
石山泰稚 50 4.40
星知弥 47 3.38
山本大貴 42 2.55
LR 大西広樹 46 3.60

田口の残留に成功したことで、少なくとも24年は現状維持以上のブルペン陣が見られると期待できそうです。とは言え、奪三振能力や対左などには懸念される部分も残っているため、田口以外のテコ入れも考えておくべきでしょう。

リリーフ想定の投手は現在2投手を補強しています。新外国人には将来的な抑えを期待してエスパーダを獲得。ただ、昨オフ退団したマクガフの穴埋めを期待すると、もう少し即戦力寄りな助っ人が望ましかったようにも感じます。一方、嘉弥真の加入は面白い動き。対左に課題を残すリリーバーが多いので、復調を果たせば大きな武器となってくれそうです。

控え野手陣の強化

ヤクルト 野手陣
守備 主力 控え
C 中村悠平 古賀優大
1B オスナ 北村恵吾
2B 山田哲人 武岡龍世
3B 村上宗隆 北村恵吾
SS 長岡秀樹 武岡龍世
LF 青木宣親 濱田太貴
CF 塩見泰隆 並木秀尊
RF サンタナ 内山壮真

主力陣が健康なら、レギュラーが定まっていないのはレフトの1ポジションのみに。そのレフトにもベテランの青木や期待株の濱田&内山と候補は揃っているため、主力級の補強は不要と言えるでしょう。

一方で、控えや若手陣の強化も抜かりない動きを見せています。将来の正捕手候補に鈴木叶、二遊間の強化に伊藤琉偉北村拓己、そして外野には西川増田といったピンポイントなテコ入れ。非常にバランスの良い補強となっており、さらに野手の層が厚くなった印象を受けます。

プロ野球のおすすめ記事!
23-24オフの移籍情報
移籍情報 2軍新球団 開幕予想 ドラフト
球団別の補強情報
阪神 広島 DeNA 巨人
ヤクルト 中日 ソフトB
球団別の開幕メンバー予想
阪神 巨人 中日
タイトルとURLをコピーしました