ジメ吉の野球喰い

ドラゴンズ プロ野球 MLBを趣味全開で楽しみます!

【MLB】 2019-20オフシーズンのFA注目選手とランキングを紹介

MLB  今回は2019-20オフシーズンのMLBFA選手についてまとめました。

表についての補足情報
守備の列にあるSPは先発投手を、RPは中継ぎ投手を、UTはユーティリティープレイヤーを表しています。

MLB FAランキング

 MLB公式等の情報をもとにMLB FAを作成しました。

MLB FAランキング
順位選手守備旧所属
1位ゲリット・コールSP・右アストロズ
2位アンソニー・レンドーン三塁ナショナルズ
3位マディソン・バムガーナーSP・左ジャイアンツ
4位リュ・ヒョンジンSP・左ドジャース
5位ジョシュ・ドナルドソン三塁ブレーブス
6位ザック・ウィーラーSP・右メッツ
7位マーセル・オスーナ外野カージナルス
8位ジェイク・オドリッジSP・右ツインズ
9位ディディ・グレゴリウス遊撃ヤンキース
10位コール・ハメルズSP・左カブス
11位ダラス・カイケルSP・左ブレーブス
12位ニコラス・カステヤノス外野カブス
13位ウェイド・マイリーSP・左アストロズ
14位ヤシエル・プイグ外野インディアンス
15位ウィル・スミスRP・左ジャイアンツ

1位 ゲリット・コール

 FA市場で一番の目玉です。
 今季は300奪三振超えやWHIP0点台とキャリアハイの成績を残し、PSでもエースの働きを見せました。他のFA選手にエース級の投手がほとんどいないこともありかなり激しい争奪戦が予想され、投手史上最高の契約は確実と言われています。

2位 アンソニー・レンドーン

 FA市場で野手として一番の目玉です。
 今季は打点王やOPS1割超えとキャリアハイの成績を残し、PSでのチーム躍進に大きく貢献しました。安定した成績を残しながらもあまり高い評価を受けてきませんでしたが、今回のFAでは総額2億ドル以上の契約はほぼ確実です。

MLB その他のFA注目選手

 上位15選手以外のFA注目選手を60名ほどピックアップしました。

MLB FA注目選手
旧所属選手守備
ヤンキースデリン・ベタンセスRP・右
ブレット・ガードナー外野
レイズトラビス・ダーノー捕手
エリック・ソガード内野
アビサイル・ガルシア外野
レッドソックスリック・ポーセロSP・右
ジョーリス・チャシーンSP・右
ミッチ・モアランド一塁
ブロック・ホルトUT
ブルージェイズジャスティン・スモーク一塁
ツインズカイル・ギブソンSP・右
マイケル・ピネダSP・右
セルジオ・ロモRP・右
ジェイソン・カストロ捕手
ジョナサン・スコープ二塁
ホワイトソックスイバン・ノバSP・右
ホセ・アブレイユ一塁
タイガースジョーディー・マーサー遊撃
アストロズコリン・マクヒューSP・右
ロビンソン・チリーノス捕手
マーティン・マルドナード捕手
アスレチックスブレット・アンダーソンSP・左
ホーマー・ベイリーSP・右
タナー・ロアークSP・右
レンジャーズハンター・ペンス外野
マリナーズフェリックス・ヘルナンデスSP・右
ブレーブスクリス・マーティンRP・右
ナショナルズダニエル・ハドソンRP・右
フェルナンド・ロドニーRP・右
ハウィー・ケンドリック内野
アズドルバル・カブレラ内野
ブライアン・ドージャー二塁
ヘラルド・パーラ外野
メッツトッド・フレイジャー三塁
フィリーズドリュー・スマイリーSP・左
ブラッド・ミラー内野
コーリー・ディッカーソン外野
マーリンズニール・ウォーカー内野
カージナルスマイケル・ワカSP・右
アダム・ウェインライトSP・右
ブルワーズチェイス・アンダーソンSP・右
ジョーダン・ライルズSP・右
ジオ・ゴンザレスSP・左
ドリュー・ポメランツSP・左
カブススティーブ・シシェックRP・右
ブランドン・キンツラーRP・右
ジョナサン・ルクロイ捕手
ベン・ゾブリストUT
レッズアレックス・ウッドSP・左
ホセ・イグレシアス遊撃
パイレーツフランシスコ・リリアーノRP・左
メルキー・カブレラ外野
ドジャースリッチ・ヒルSP・左
ラッセル・マーティン捕手
Dバックス平野佳寿RP・右
アレックス・アビラ捕手
ジャロッド・ダイソン外野
ジャイアンツスクーター・ジェネット二塁
パブロ・サンドバル三塁
パドレス牧田和久RP・右

NPBからMLBに挑戦する選手

 日本のプロ野球からメジャーに移籍の可能性がある選手をまとめました。

NPBからの挑戦者
旧所属選手守備
DeNA筒香嘉智外野
西武秋山翔吾外野
阪神ピアース・ジョンソンRP・右
中日ジョエリー・ロドリゲスRP・左

筒香嘉智

 MLB挑戦を表明しましたが海外FA権はまだ取得していないのでポスティングシステムを利用した移籍となります。
 打撃については速球に元々弱いため長打をどこまで打てるのか未知数です。また、守備の方は打撃以上に期待できません。よって、手を挙げてくれる球団が数球団あれば御の字と思わなければならないほど厳しい状況だと思います。

秋山翔吾

 長期契約が切れるのを機にMLB挑戦を目指す可能性が高そうです。
 打撃に関してはアベレージヒッターとしてある程度の評価はあると思います。ただ、問題は守備の方です。今回のFA市場ではセンターを主に守っている選手がダイソン(Dバックス)しかいないため、センターは希少となっています。しかし、秋山自身の守備力も年々低下しており、この部分を各チームがどう評価するのかによって大きく変わってくると思います。

ピアース・ジョンソン

 MLBではあまり実績はなかったものの、今季は阪神で大ブレーク。MLB復帰も噂されています。
 ナックルカーブを武器にする投手はまだNPBには少ないですが、MLBではあまり希少性はありません。まだ1年しか結果を残していないこともあり、MLBの評価はそこまで高まっていないのではと推測します。

ジョエリー・ロドリゲス

 昨季に続き今季も中日で大活躍。左腕の速球派投手は日米ともに貴重なため、争奪戦の様相となりそうです。
 上記のMLBのFA選手の中で左の中継ぎ専門はスミス(ジャイアンツ)とリリアーノ(パイレーツ)しかいません。よって、かなり希少性の高い存在です。スミスの動向次第では多くのMLB球団が獲得に乗り出すかもしれません。