ジメ吉の野球喰い

ドラゴンズ プロ野球 MLBを趣味全開で楽しみます!

【ドジャース】補強ポイントをチェック!【2020-21】

ドジャース

今回は、ドジャース移籍情報と補強ポイントをまとめました!

短縮シーズンながらも、ようやくチャンピオンに辿り着いたドジャース。今年もチャンピオン候補筆頭には違いないが、少し気になるポイントも無くはないといった状況。

ドジャースの移籍情報【2020-21】

ストーブリーグ【2020-21】の主な移籍情報をまとめました。

新加入選手

ドジャースの新加入選手
選手守備退団
ブレイク・トレイネンRP・右再契約
コーリー・クネイブルRP・右ブルワーズ
トレード
トミー・ケインリーRP・右ヤンキース
ギャレット・クリービンガーRP・左フィリーズ
トレード
マイナー
ジミー・ネルソンSP・右再契約
エンニー・ロメロSP・左中日
ブランドン・モローRP・右カブスm
ブロック・スチュワートRP・右カブスm
ジェームズ・パゾスRP・左ロッキーズ

退団選手

ドジャースの退団選手
選手守備移籍先
アレックス・ウッドSP・左ジャイアンツ
ペドロ・バイエズRP・右アストロズ

FA選手

ドジャースのFA選手
選手守備
ジェイク・マギーRP・左
ジャスティン・ターナー三塁
ジョク・ピーダーソン外野
テレンス・ゴア外野
エンリケ・ヘルナンデスUT

ドジャースのデプスチャート 2020

2020シーズンの戦力をデプスチャートにまとめました。

投手陣のデプスチャート

赤字は左投手、()はFAを表している。

ドジャース 投手陣2020
先発リリーフ
防御率3.292.74
1番手カーショージャンセン
2番手ビューラートレイネン
3番手ウリアスフローロ
4番手メイ(マギー)
5番手ゴンソリングラテロル

先発陣
シーズン前に前田、シーズン中にストリップリングを放出し、新戦力として期待されていたプライスはコロナ禍を懸念して出場辞退と枚数に不安のあった先発陣だったが、ウリアスやメイ、ゴンソリンといった若手先発陣の活躍により勝てるローテが形成できた。

また2本柱については、ビューラーが2度のIL入りにより登板数が少なくなったものの、エース・カーショーが抜群の安定感でそれをカバー。大黒柱が健在であったため、若手たちも悠々と投げられたのだろう。

リリーフ陣
2020年のリリーフ陣はMLBトップクラスのクオリティを誇り、その要因となったのは枚数の多さである。上記のチャートには5投手しか載せていないが、それ以外にもバイエズやJ.ケリー、コラレックなど頼りになる投手が控えており、様々なパターンの継投が出来る陣容となっていた。

野手陣のデプスチャート

赤字は左打者、()はFAを表している。

ドジャース 野手陣2020
OPS1番手2番手
捕手.824スミスバーンズ
一塁.702マンシーベリンジャー
二塁.661(ヘルナンデス)テイラー
三塁.895(ターナー)リオス
遊撃.857シーガーテイラー
左翼.772ポロック(ピーダーソン)
中堅.938ベリンジャーポロック
右翼.951ベッツ(ピーダーソン)
DH.786(ピーダーソン)ポロック

捕手陣
スミスが順調な成長を見せたことにより質が向上。攻撃的な布陣はスミス、守備的な布陣はバーンズと贅沢な使い分けをPSでは披露していた。

内野陣
シーガーの復調がとても大きく、特にPSではWSのMVPに輝くなど大活躍を見せた。他の主力ではマンシーが少し不調な成績となった一方で、ターナーが衰え知らずの好成績。また、テイラーやリオスといった控え野手陣の活躍も光り、改めて層の厚さを感じる陣容だった。

一方で、正二塁手として期待されていたトッププロスペクトのラックスは今季もメジャーの壁を越えられず。代役のヘルナンデスも不安定な内容であったため、二塁は他ポジションと比べると低質なポジションになってしまった。

外野陣
やはり新加入・ベッツの存在が大きくポロックがようやく真価を発揮したことも重なり、ハイクオリティーな外野陣を形成できた。その一方で、ベリンジャーが少し不調に陥っていたのは残念だったが、彼が本調子を取り戻せば更に質の高い外野陣が見られるかもしれない。

ドジャースの補強ポイント

デプスチャートを基に補強ポイントをいくつか挙げていきます。

  • リリーフ陣の再編成
  • 3番手を任せられる先発
  • 内野の穴埋め
  • 流出した野手の穴埋め

リリーフ陣の再編成

2020年のリリーフ陣は枚数の多さを武器にMLBトップクラスの成績を残したが、今オフはトレイネンを筆頭にバイエズやマギーとブルペン陣を支えた面々がFAに。今年も引き続きハイクオリティーなリリーフ陣を目指すのであれば、新たな補充が必要となる。

また、チームの守護神にはジャンセンが君臨しているが、ここ数年は衰えを隠せていない状況。昨年のPSでもジャンセンが絶不調となったため、トレイネンが代理を務めるなど色々なやり繰りが必要となっていた。今オフは複数の抑え投手がFAとなっているため、緊急時に抑えを任せられる高品質なリリーバーを1人は確保しておきたいところ。

3番手を任せられる先発

カーショー、ビューラーの2本柱は健在だが、3番手以降に少し不安を抱えている。本来であればプライスが3番手を務めるはずだったのだが、コロナの影響で昨年は出場を辞退。今年についても投げるかどうかはまだ正式に発表されていない状況。

昨年はウリアスやメイなど若手の活躍で枚数に問題のないローテを組めたが、これは短縮シーズンだったことも大きい。もし今年フルシーズンを戦うとなった場合は、先発の枚数に一抹の不安があると個人的には思う。また、WSでの起用を見ると質に関してもまだ若手投手たちを信頼できていないように感じるので、勝負所でも信頼できる先発がもう1枚必要ではないだろうか。

内野の穴埋め

ターナーのFAにより三塁に大きな穴が空いている。また、デプスチャートでも触れたように、二塁にも少し不安が付きまとっている。このような状況のため、再契約を含め補強で補っていきたい。

補強方法に関してはいくつか策があるので、以下にまとめた。

  • ターナーと再契約
  • 三塁に大物を獲得
  • 遊撃に大物を獲得し、シーガーを三塁にコンバート
  • 二塁に大物を獲得し、三塁はリオスを筆頭に若手で競争

昨年と同様三塁にターナーを置き二塁は競争という選択肢が1番無難かもしれない。ただ、更なるチーム力の向上を目指すのであれば、ターナーに別れを告げ新たな大物を獲得という選択肢もやはり捨て難い。

今オフのFA市場を見ていくとドジャースの御眼鏡に適う内野手はルメイヒューかセミエンぐらいしかいない一方で、トレード市場ではアレナドやブライアントなど多くのビッグネームの放出が噂されている。ただ、来オフのFA市場で遊撃手が豊作であることを踏まえると、今オフどこまで投資すべきかはかなり悩ましいところ。(ちなみに、自チームの遊撃手・シーガーも来オフFAとなる。)

流出した野手の穴埋め

ベッツと昨年開幕前に契約更新したこともあり、後は内野に1つ大きな補強をすれば今年の陣容は基本的に完成だろう。ただ、これまでチームに厚みをもたらしてきたピーダーソンやヘルナンデスがFAとなっているのは少し気になるところ。彼らは複数ポジションを守れるかつ打力も期待できる選手なので、2選手とも退団となれば少なからずチームに影響があるかもしれない。

内野の補強やDH制の有無(今年はまだ未定)によって費やせるコストが変わってくるが、余力が残っているのであれば再契約を含めもう1枚野手を補強した方が良いのではないだろうか。

具体的なポジションを見ていくと、個人的にはレフトのポロックが今年も同様のパフォーマンスを発揮できるのか少し疑問に思っているので、外野を中心に模索していくべきだと思う。

補強の進捗は?

投手ではリリーフ、野手では内野手を中心に補強を模索している。

リリーフの補強

トレイネンと再契約が出来たため、一先ず良質なセットアッパー兼緊急時の守護神候補を1人確保できた。

また、2019年に受けたTJ手術から完全復活は出来ていないが、抑えでの実績があるクネイベルも獲得。彼が復調してくれれば、ブルペン陣の大きな助けとなってくれるだろう。

一方で、ケインリーも獲得しているが、彼は2020年7月にTJ手術を受けているため、今年は全休が濃厚。2年契約となっているので、来年の戦力として期待という形になっている。

今年の戦力としてリリーフはすでに2枚補強しているが、まだ獲得調査は継続中。守護神経験がある質の高いリリーフをもう1枚チームに加えたい様子。

先発の補強

プライスが今年投げる準備をしているようなので、余程のトラブルがない限りは開幕前の先発補強は無さそう。

内野手の補強

ターナーとの再契約交渉はやや停滞中。他の有力な内野手の動向についてもリンドーア(CLE→NYM)のトレード以外に大きな動きは見られていないので、まだまだ時間がかかりそう。

ドジャースの主な補強候補

ドジャースの主な補強候補をリストにまとめました。

ドジャースの主な補強候補
選手守備現所属
リアム・ヘンドリックスRP・右FA
カービー・イエーツRP・右FA
ブラッド・ハンドRP・左FA
DJ・ルメイヒュー二塁FA
ジャスティン・ターナー三塁FA
ノーラン・アレナド三塁ロッキーズ
クリス・ブライアント三塁カブス

守護神クラスの候補

守護神クラスの候補としてはヘンドリックスやハンドの名前が挙がっている。ただ、2投手とも争奪戦となっているので、獲得できるかはかなり微妙な情勢。

また、肘の故障により昨年ほとんど投げられていないため少しリスクはあるが、イエーツの名前も挙がり始めている。

内野はやはりターナー次第

ドジャースで過ごした7年間は何れも地区優勝に貢献しており、チームメイトやファンからの信頼は厚い。当然チームも功労者として評価しているが、やはり36歳という年齢は気になるところ。

交渉は継続中なので再契約の可能性も十分に残されており、ターナーがどこまで妥協できるかがカギ。報道を見る限りでの争点は金額よりも契約年数であり、ドジャース側は多くても2年、ターナー側は4年を要求と少しズレが生じている状況となっている。

総括

資金力があり、現有戦力も揃っており、そして若手の層も厚い。あらゆる面でMLBトップクラスの質と量を誇っているため、コロナ禍で苦しんでいる他球団から見れば羨ましい限りだろう。

内野の補強さえ無事に成功すれば、今年もチャンピオンがはっきり見えてくる。と言いたいところなのたが、同地区・パドレスの大補強はやはり気になるところ。現状ではまだまだドジャースが上回っていると思うが、絶対に勝ち切れるとは断言できない状況になりつつある。

現状でも十分すぎるほど戦力は整っているのだが、勝利をより確実なモノとするためにも、やるべき補強の手は緩めない方が良いと個人的には思う。