ジメ吉の野球喰い

ドラゴンズ プロ野球 MLBを趣味全開で楽しみます!

アドセンス導入に向けて審査合格に必要なものと注意点を紹介

 グーグルアドセンスは広告をクリックや表示するだけで報酬が貰えるため、購入してもらい報酬を得る成果型よりも初心者にとっては稼ぎやすいアフィリエイトです。
 アドセンスの審査は年々厳しくなっていると言われていますが、合格条件は明確になっていません。ネット上に多くの情報が溢れていますが、どれが本当に正しいかは今でも良く分かりません。ただ、一応自分も審査に合格したので、合格に向けて揃えたものや意識した点を参考までに紹介していきます。
 また、僕ははてなブログで申込をしたので、はてなブログ中心の内容になります。

※このブログの情報は2019年7月中旬頃の情報です。

合格に必要なもの

  • 自分のブログと独自ドメイン
  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせ
  • ある程度のコンテンツ

自分のブログと独自ドメイン

 アフィリエイトによってはまだ自分のブログを持っていなくても申し込めるものもありますが、アドセンスの合格条件にはある程度充実したコンテンツのあるブログが必要です。しかも、申請条件には独自ドメインの導入が必須です。
 はてなブログの無料版では独自ドメインは設定できないので、有料のpro版に移行してからでないとアドセンスの申請はできません。

pro版への移行や独自ドメインについて知りたい方はこちらへ↓

www.jime-hobby.work

プライバシーポリシー

 ブログの信頼性を高めるために必須だと言われています。
 プライバシーポリシーに書くべき内容はcookieや収集した情報の扱いなどを記述しなければなりません。詳しくは公式のアドセンスヘルプを見るのが早いと思います。
 ちなみに自分が書いたプライバシーポリシーも参考にどうぞ。丸写しはダメですが、結局内容は似たり寄ったりになると思います。
 また、設置方法についてはてなブログではpro版で使用できる固定ページに設置し、サイドバーに貼り付ける方法を推奨しています。

お問い合わせ

 こちらは必須ではありませんが、今後のブログ運営のためにも作成しておいた方が良いと思います。Googleフォームなどを使ってちゃちゃっと作りましょう。
 一応、自分が作成したお問い合わせフォームです。参考にどうぞ。
 また、これの設置方法もプライバシーポリシーと同様に固定ページに設置し、サイドバーに貼り付ければ良いと思います。

ある程度のコンテンツ

 簡単に書いてますがこれが一番厄介です。
 最初に言及したように合格への明確な基準は公表されていないので、多くの推測や噂がネット上に溢れています。どれが正しくてどれが間違っているかは今も分かりませんが、コンテンツについて自分なりに意識した点があるので次の項目で紹介します。
 また、ギャンブルやアダルト系など禁止されているコンテンツは明確になっています。一度、禁止コンテンツを公式のアドセンスヘルプでチェックしておきましょう。

合格のために自分が意識したこと

申請時と合格時のブログ状況

申請時
ブログ運営期間:3ヶ月
総記事数:17
合格時
合格通知までに要した日数:10日
総記事数:23

 合格通知はグーグルが有益だと判断した人の方が早く来るそうです 。早い人は3日ほどで、遅い人は1ヶ月以上もかかることがあるそうです。
 自分の場合は10日もかかったのであまり有益性は高くなさそうですが、一応一発で合格したので良かったです。

自分が意識したこと

  • 更新頻度
  • コンテンツのオリジナリティ
  • テーマを絞る
  • アフィリエイトリンク

更新頻度

 申請後もブログの更新をきちんと行う必要があります。
毎日更新するべきと良く言われているので、自分も毎日1記事を意識したのですが途中で挫折し、結果的には2日に1回のペースになりました。

コンテンツのオリジナリティ

 ブログのコンテンツについて他のブログと類似性が多い場合、やはり 合格しにくくなります。他者の模倣ではない自分オリジナルのブログ作りを意識していきましょう。自分の場合、他者とは違う視点で記事化しようと常日頃から意識しているので、オリジナリティには自信がありました。

テーマを絞る

 自分と同様に多くのテーマについてブログを書こうとしている人も多いと思いますが、アドセンスの審査ではなるべくテーマを絞った方が合格しやすいそうです。なので、自分の場合は2つのテーマに絞って記事を挙げていきました。

アフィリエイトリンク

 アドセンスより審査が緩いアフィリエイトもあるので、申請時にはすでに別のアフィリエイトリンクをブログに貼っている人もいると思います。自分も同様でしたが申請後は控えめにしました。アフィリエイトリンクを0にする必要はありませんが、あまり貼りすぎないようにした方が良いと思います。

自分の場合はこの4点を重点的に意識しました。他にも注意すべき点があるかもと不安に思うかもしれませんが、不合格になってもペナルティはないので積極的に申請していけば良いと思います。

アドセンス申請手順

  1. アドセンスにアクセスし、グーグルアカウントでログイン
  2. 「お申し込みはこちら」をクリック
  3. 項目を入力していきアカウントを作成
  4. 「支払い先住所の詳細」で項目を入力していく
  5. 電話番号による本人確認
  6. AdSenseコードをブログに貼り付け
  7. 「コードが見つかりました」と表示されたら申請は完了

大体簡単な手続きですが、個人的にいくつか躓いたポイントがあったので補足しておきます。

アドセンス申請時の注意点

電話番号に注意

 正しい電話番号を入力しているのに「電話番号が正しくありません。ご確認のうえ、もう一度お試しください。」となるかもしれません。
 原因は単純です。アドセンスは海外企業とのやり取りになるため、電話番号は国際電話として登録する必要があります。
 解決方法は番号の最初の「0」を取り除き、番号の最初に「+81」を付ければOKです。また、スペースや-はいらないので注意です。

AdSenseコードを貼る場所について

 これははてなブログでの話です。
 ダッシュボードから詳細設定>検索エンジン最適化>headに要素を追加にいき、ここにAdSenseコードをペースとすれば完了です。下の「変更する」の押し忘れに注意です。

「お客様のサイトにリーチできません」となる場合

 これは少々厄介な問題でした。
 きちんとAdSenseコードを貼ったのに「コードが見つかりました」とならずに「お客様のサイトにリーチできません」となり、再チェックや放置をしても解決できないという場合があります。
 この場合、注目する点はURLです。登録時にきちんとサブドメイン「www.」を付けたにも関わらず、コードの上にあるサイトのURLには「www.」が付いていません。慌てて編集をしても元通りになってしまいます。つまり、不具合かどうかは分かりませんがアドセンス側では不十分なURLになっているようです。
 解決方法は転送です。不十分なURLでも本来のURLに転送設定をすれば解決です。今回はお名前.comを例に解説します。
 お名前.comにログインし、オプション設定>転送Plus>URL転送設定と進みます。申請するドメインの「設定する」をクリックし、以下のように項目を入力していきます。

  • 転送元URLーサブドメインを空欄に
  • 転送先URLー「www.」が付いた本来のURLを入力
  • 転送タイプー「リダイレクト」を選択

 数分後にお名前.comからメールが来たら設定完了です。再びアドセンスを申請すれば上手くいくはずです。

お名前.comの転送Plusについて
2019年7月25日(木)から1ドメインにつき100円/月(税抜き)と有料になります。この日以降にこのサービスを使用する人は注意です。また、解除する人は手続期日の7月24日(水)15時までに設定を解除しましょう!
アドセンスの合格後は本来の「www.」付きのURLも認識してくれるので設定を解除しても問題ありません。申請時に使用した人で今後使用する予定がない人は設定を解除するのをお忘れなく!

色々と曖昧なアドセンスですがブロガーにとっては大きな収入源になりうる存在です。ブログを運営する上で決してマイナスになるものでもないので機会が合えば申請することをおすすめします。
多くの方が無事合格できるように祈っています。