ジメ吉の野球喰い

ドラゴンズ プロ野球 MLBを趣味全開で楽しみます!

【NPB】 2019年 セリーグ&パリーグ 順位予想

 開幕ギリギリ直前になってしまいましたが、簡単な順位予想をしました。今年はなかなか予想が難しいシーズンで、未だに迷っているポイントもあります。でも、その分面白いシーズンになるということで今年のプロ野球は期待大です。
では、予想をどうぞ!

セリーグ

1広島
2巨人
3中日
4ヤクルト
5DeNA
6阪神

広島

 やはり地力が頭1つ抜けているので優勝に。
 丸が抜けた穴は大きいですが、新加入の長野や秘密兵器?のメヒア、若手有望株の坂倉といった楽しみな存在によってある程度は埋められるのではないかと。
 ただ、投手陣がちょっと心配で主力投手にアクシデントがあった時は一気に厳しい状況になるかも。若くて力強い投手が揃っているので昨季のフランスワのような躍動する新星が出てくるとチームがより強くなりますね。

巨人

 補強により層の厚いチームになりましたが、救援陣がやや不安なので2位で。
 救援陣に実績のある投手が少なく不確定要素が多い中、抑えの新外国人クックが大きな鍵を握ってますね。
 丸が加入した野手陣はバランス良く菅野と山口が中心の先発陣もリーグ上位の実力があるので、救援陣にさえ目処が立てば優勝にかなり近付くと思います。

中日

 ファンとしていい加減Aクラスに入ってもらわなと思い3位に。
 昨季は平田とビシエドアルモンテの外国人コンビの働きがあり、野手陣は一定の数字を残しました。周平や直倫、京田が躍進すれば昨季以上の打線になる可能性も秘めていると期待。
 ただ、1番の心配事はやはり投手陣です。昨年は主力投手が軒並み数字を落としかなり悲惨な結果でした。個人的には旧首脳陣のマンネリが1つの原因と思っていたので、新首脳陣の手腕に期待です。現に、オープン戦とは言え投手陣は近年でも1番良い状態となっており、これをシーズンも続けていけば下馬評通りのシーズンにはならないよ。とにかく投手陣の安定が上に行く一番の近道。

ヤクルト

 楽しみな所と不安な所が混在しており4位で。
 楽しみは何といっても村上。素質は同い年の清宮以上と言われ昨年は2軍で大暴れ、今年は開幕スタメンをがっつりつかみましたね。未来の大砲がどういうキャリアを歩むのか要注目。また、固定化された外野陣の中で今売り出し中の塩見をどう使っていくのかも悩ましい所。
 楽しみがある野手陣と違って投手陣は読みにくい。小川や若手投手が不安定で、ブキャナンは出遅れと先発陣はやや苦しい。救援陣は石山を中心に昨年は頑張ったが、その反動が気になる。どちらも若手投手が伸びてこればAクラス入りは近いが優勝はやはり厳しい。

DeNA

 勝負をかける年でも上手くいっていない点が多々あるので5位に。
 浜スタが本拠地でソトが予想以上に打ち主軸は最低限の数字を残したにも関わらず、昨年の得点はリーグ最下位。外野には面白い若手や実績のある選手が揃っている一方で、内野は宮崎とロペスだけで心許ない。ソトをセカンドにまわし攻撃に力を入れるがこれがどう転ぶか。
 投手は救援陣が山崎を中心に安定しているが、先発陣は故障者が出ており中々理想のローテが組めない。理想のローテさえ組めれば優勝の芽も出てくるが、そう上手くいくようには思えない。個人的に近年の躍進は短期的チーム作りの賜物だと思っているので今後数年が勝負。もし、上手くいかないようであればまた長いトンネルに入る可能性も十分にある。

阪神

 投手は○も野手が大×なので最下位で。
 先発陣は西とガルシアを加え強力になり、藤浪次第ではかなり面白いローテに。救援陣も安定しているので投手陣は特に問題はないかと。
 逆に野手陣は問題だらけで、リーグ内で攻守ともに優れているポジションは梅野が守る捕手だけ。攻撃陣も相変わらずベテラン頼みで期待の外国人マルテは出遅れ。開幕スタメンの1・2番をルーキーが務めることからも苦しい台所事情が窺える。大山とベテラン以外にOPS8割を超えそうな打者は今のところ見当たらないので、今年も攻撃面はかなり苦しむだろう。

パリーグ

1ソフトバンク
2オリックス
3西武
4ロッテ
5日本ハム
6楽天

ソフトバンク

 攻守に隙がなく選手層の厚さも全球団トップなので優勝候補筆頭。気がかりな点があるとすれば、主力の高齢化と不安定さ。
 野手陣では内川松田デスパイネのベテラン勢がどこまで機能するのか。また、中村晃の離脱は痛く彼の代役は容易ではないため、しばらくはオーダーに悩むことになりそう。
 投手陣では千賀東浜武田がしっかり投げてくれればほぼ優勝は確実。ただ、彼らがいつまでも不安定なままだと先発陣がチームのアキレス腱となる可能性も。
 気がかりはあれどこのチームは毎年楽しみな新顔がブレイクするので、多少の穴は容易に埋まるだろう。

オリックス

 下馬評は低いが楽しみな若手に期待して2位に。
 野手陣は吉田正メネセスを中心にマレーロやT-岡田がしっかり機能すれば面白い打線が組めそう。多種多様な野手が揃っているので新監督の手腕に係っている部分が大きい。その都度ベストなオーダーを組んでもらいたい。
 一方、投手陣は先発陣で金子や西の退団は痛いものの、ブレイク候補の投手がそこそこ揃っており、彼らが力を発揮できれば穴を埋めるのはあまり難しくないかと。増井を中心とした救援陣もある程度の投手は揃っているので、若手投手が一人でも多くブレイクしてこればソフトバンクに対抗しうると期待。
 やや期待感が強すぎるかもしれないが楽しみな若手が揃っているのは事実なので、あまり低い評価をしていると痛い目にあうかも。

西武

 打線の破壊力は健在も投手陣が昨年以下の状態なので3位あたりが限界かと。
 打線は捕手に森がいるアドバンテージや活きの良い若手野手も控えているので、退団した浅村の穴はそれほど大きな問題にならないかと。
 ただ、やっぱり投手陣はかなり苦しい。退団した菊池の存在がかなり痛い上に、先発に故障者が相次いでいるので、ローテを組むだけでも一苦労。救援陣は先発陣よりはややマシという感想なのであまり頼れないかと。野手同様に投手にも活きの良い若手が出てくると少しは希望が見えくる。

ロッテ

 投手陣はかなり好みも打線の破壊力が弱いので4位で。
 先発ローテは実績のおる中堅外国人期待の若手ととてもバランスが良く個人的に12球団で1番好きなローテ。
 一方の打線は井上バルガスがある程度機能すればそこそこ面白い打線が組めるかと。ただ、オープン戦の状態はあまり良くなく他に主軸を務められる打者もあまりいないため、攻撃面では相変わらず苦労しそう。新しく球場にできたホームランラグーンが打線に良い効果をもたらせば、まだまだ可能性はあるかも。

日本ハム

 らしくない補強でとても読みづらいチームなのでとりあえず5位に。
 昨年も何が取り柄なのかよく分からないが、きちんとAクラスに入っている。なので、地力はそこそこあるはず。
 補強した面々は不確定要素も多く体調に不安を抱える主力選手も多いことからなかなか読みづらいチームに。それでも期待できる若手が多く控えているため、主力選手がきちんと揃いさえすれば優勝に届く可能性は十分に秘めている。今年、どのような成績を残すか本当に想像がつかないチーム。

楽天

 大補強はしたけれどまだまだと判断して最下位に。
 野手陣は浅村が加入したとはいえ、まだまだ破壊力不足。ブラッシュとウィーラーがどこまで機能するかで大きく左右される。だだ、その中でも外野陣の陣容は面白く、活躍次第ではチームの1番の売りになるかもと期待が持てる。
 一方で、投手陣は頼みの綱であるWエースの一人則本が出遅れ、チームにとっては致命的な痛さに。代役には何人かの若手が浮かんでくるがまだまだ力不足かと。救援陣には力のある投手が揃っているので、則本の復帰が本当にチームの鍵を握る。
 今年は苦しいを戦いを強いられるが、数年後には強豪となりうるポテンシャルを秘めているので、その糧となるシーズンにしていきたい。

 今年も面白いシーズンになると良いですね。